maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

亀田音楽専門学校

NHK Eテレ 毎週木曜日 午後11:25~

「亀田音楽専門学校」


という番組があります。

おもしろいです。

先々週たまたまテレビをザッピングしていて出会った番組です。

出会ったものの、時すでに遅かった。

その番組10月から始まっていたのですね。

最初から見たかった~!(>_<)

私が見た回は、「オトナのコード学」。

「メジャー7th」について取り上げていました。

このコードは、シティー感、オシャレ感、切なさ、透明感などなどさまざまな表情を持つらしい。

例えば、Cコードは ドミソド~ パ~ンとしてシャッキリ、はい解決しました~!ッて感じ。

CM7thになると ドミソシ~  お~、なんか都会的でおっしゃれ~、かっこいい!ッて感じ。

そのおしゃれ感、メジャーとマイナーが入り混じってるからそう聞こえるんでしょうかね。

そういえば、コータローさんも気に入ってるような事言ってませんでしたっけ?

音楽理論て覚えるととっても楽しそうですね。


それにしても、亀田誠治さんがプロデュースしたアーティストって

そうそうたるメンバーですね。

登場人物を見ただけで、お~ってなってしまいました!

売れるためにはテクニックが必要だってこと、この番組を見てあらためて、

にゃ~るほど~って納得!

おっと、番組もう始まってる、見なくっちゃ!(笑)







 
スポンサーサイト
【 2013/11/07 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

秋の気配

日の出も遅くなったし、日没も早くなって、

空も秋の気配がしてきた今日この頃です。

なんとなく淋しいですねぇ。

でも毎日残暑がきびしくて、もううんざり。

早く秋になって欲しいとも思いますよね。

でも秋の気配を感じると下降線をたどっているみたいで

なんとなくもの悲しい。

冬に向かうのがとってもイヤなんですよね。

またあの豪雪がやってくるのかと思うと・・・。(T_T)

たぶん今年も大雪かもしれません。

夏が猛暑だと、冬に雪が多い感じがするんですよね。

夏涼しく冬温かい所に住んでみたい。

日本の中でそういう所ってあるんだろうか?

それとも住めば都なのかなぁ・・・。ぶつぶつぶつぶつ

【 2012/08/30 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

おめでとう 花菜ちゃん!

植村花菜ちゃんが、NHK紅白に出場が決まったそうですね!

ということは・・・・・・・もしかしたら・・・・・。\(^o^)/

押尾っちがアコースティックバージョンでゲスト出演?

いや~、にわかに期待が膨らむ~~~。\(^o^)/

最近の紅白はそんなに意気込んで見るほうじゃなかったけど

今年は見ちゃおうかな!

9分52秒の「トイレの神様」、ハンカチ持ってスタンバイします!(笑)

とにもかくにも、花菜ちゃん、初出場おめでとう~!  


【 2010/11/24 (水) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

もののついでに

BEST OF GREEN MIND’09BEST OF GREEN MIND’09
(2010/03/03)
秦 基博

商品詳細を見る


昨日のついでに、秦くんの最新アルバムです。
全国21箇所をまわった弾き語りツアー「GREEN MIND2009」で収録されたアルバムです。
私も秋田公演のとき行って参りました。
もしかしたら、あの会場で収録されたものが入っているのかしら?
な~んて想像が膨らんでしまいます。(笑)
このアルバムは2枚組みなんですけど、1枚目は極力ノイズをカットして秦君の歌をメインにしたもの、
2枚目はライブの様子がそのまま収録されたものです。
完成形のCDと違ってライブ版となると、臨場感があっていいですね。
ギター1本での弾き語りもシンプルでいいもんですなぁ。

ところでこのアルバム、2枚組みのわりにはお値段が¥3,360なんです。
いや~、お得ですよね~。 ついポチっとやっちゃいました!(笑)

そうそう、アルバムジャケットですがギターの上に小っちゃいお人形さんがたくさんいますよね。
その中に秦くんもいるんですよ! 見つけられるかな~? そっくりよ! (笑)
ぜひ、見つけてね!


PS. 連日、秦くんについて書きましたけど・・・・・、
    わたくし、決して押尾さんを忘れたわけじゃなくってよ!
    ちゃんとチェックしております。(笑)
    今日15日は山村誠一さんと、西沢和弥さんと、かおりんと、他にもいるのかな、
    何やらお仕事してたみたいです。 何のレコーディングなんでしょうかね?
     http://twitpic.com/18r4hi 
    かおりんによると、4月になると明らかになるそうですよ! 


【 2010/03/16 (火) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

ライブへ行って来ました!

誰のライブかっていうと、 中西圭三 さんです。 (押尾コータローじゃなくってよ!(^^ )ゞ)
「中西圭三 チャリティーライブ」 に行って来ました。
チャリティーということでチケットがなんと2,000円(前売)!
プロの歌声を2,000円で堪能できるなんて、こんなチャンスめったにない!
っていうことで行って来たわけなんです。

このライブ、地元の 国際ソロプチミスト横手 という団体が主催してくれました。
その団体の今年度の活動は、 「オレンジリボン」 とのこと。
レッドリボンとかピンクリボンとかは聞いた事がありましたが・・・。
「オレンジリボン」 というのは 「子ども虐待防止のための活動」 なんだそうです。
そのキャンペーンに楽曲を提供されているのが中西圭三さん。 「Here I am」 という曲です。
そんでもって今回、中西さんの協力を得てチャリティーライブを開催する運び となったんだそうです。

夕方6:00の開場となってましたが、会社帰りに直行すればちょっと早く着き過ぎるかなと思って
チョッとしたお買い物をすませてから向かいました。
着いたのが5:30くらいだったんですけど、それでも100人以上の人だかりができてました。
やっぱ私のような年配が多かったですね。その9割くらいが女性でした!
で、最後尾に並んで間もなく、開場時間を待たずに開場入り。
年配者が多かったので、立たせておくのもなんだなと思ってくれたんでしょうか。(笑)
このライブ、全席自由だったので早い者勝ちで前の席から順に埋まっていくんだろうなと
思ってたんですがホールに入っていくと、なんと最前列のど真ん中が空いてるじゃありませんか!
ラッキ~!ここでオバサン気質フルモードに突入し、ドッカリ座ってしまいました~!
開演までの1時間弱、お隣の方と雑談などをし、もち押尾コータローの宣伝等をし、時間をつぶしました!

開演時間ちょうどに中西さんステージに現れました。
昔からすると、ちょっと横に大きくなられたみたいで・・・。(笑)
メンバーは中西さんのほかに、前半はピアノの小西宏明さん。
後半はキーボード奏者の小西貴雄さん。 ダブル小西さんね!

ピアノの小西さんは28歳。長~い髪を1つに束ねたヘアスタイルで、アーティストって雰囲気の方でした。
TBSの「情報7days ニュースキャスター」で流れるピアノの曲は彼の曲だそうです。
私の地元では残念ながらその番組やってませんので・・・・知りません。
「聞きたい!」ってリクエストすれば良かったかな~。(笑)
それと小西さんて、「コーニッシュ」っていうアーティスト名があるんですね!

キーボードの小西さんは中西さんと学生時代からの付き合いで、バンドも組んでたと言ってました。
とても有名なアレンジャーの方で、モー娘とかスマップとかいろんな方のアレンジをしてるそうです。
こちらもダンディーな方でした!

中西さんのライブは今回が初めてだったんですけど、やっぱ、ライブで聴く歌はいいですね~。
スケールが違うっていうか、パワフルでした。 
前半は中西さんのオリジナル曲がメイン。バラードが大方でしたが小西さんのピアノがしんみりと
寄り添っていて聞いてて心地よかったです。
なかでも 「帰り道」 という曲、初めて聞いたんですがほろっと、うるっときましたね~。
男性の視点にたった歌なんだけど、あらためて家族としての自分を見つめなおすキッカケを
くれた歌のように思えました。 歌詞がいいんですよ。心に響きました。 シンミリ。。。

それと、「STORY」 という曲の

  ねぇ、いつから手をつないで無いかなぁ?
  父と母であるために生きて・・・
  ねぇ、あの日の空の高さ覚えてる?
  雲も風も希望へと吹いた・・・

っていう歌詞には、ギクッときちゃったな~。うちの旦那さんもそう思ってるのかなって・・・。(笑)
隣にいなくて良かった。 きっとすぐ手を握ってきただろうなと・・・。(大笑)

今回のライブ曲は、チャリティのテーマに沿った選曲をしてくれたみたいで、
家族の絆を大事にしようというメッセージが込められた曲が多かったです。

後半はキーボード奏者の小西さんと、中西さんが他の歌手に提供した楽曲で盛り上がりました。
ZOOの「Choo Choo TRAIN」 (EXILEがカバーしてまたブレークしちゃいましたね。) とか
ブラックビスケッツの「Timing」 なども中西さんの曲だったんですね。 初めて知りました! (遅っ)
最近お母さんといっしょに提供した「ぼよよん行進曲」も楽しかったです。
ピアノと一緒のしっとりしたバラードもよかったですが、打ち込みしたサウンドにのせた曲も
盛り上がって、ライブがどんどんヒートアップしていきましたね~。
開場はもちろんアンコールの拍手でした。

再び3人でステージに登場してくれました。
なんか、中西さんヘトヘトになってまして・・・・・・。
ご自身曰く、

 実はこの3人、きのう徹夜して一睡もしてないんです。
 3人とも作曲家という仕事をしてまして、それぞれに仕事を抱えてまして・・・。
 それと、今日のこの日のために曲を作ってきました。
 まだ題名も決まっていません。
 できたてのほやほやです!

そうなんです。我が地元横手のために曲を作ってくれたというのです。
中西さんは昨年も横手でライブをしてくれてます。
今年もライブで訪れる事ができてうれしいし、陰で尽力してくれた方々に対しての感謝と
恩返しの意味を込めて作った曲だって言ってました。
それをアンコールで披露してくれました。
横手の四季折々の風景や、ちょっとした方言を織り交ぜた温か~いバラードでした。
なんか横手市民として嬉しくて感激してしまいました。
どういう題名にしてくれるのか楽しみです。
来年もきっと来横してくれる事を期待して、手が痛くなるくらいの拍手をして帰って参りました!

コーちゃんも、こうやって来てくれないかなって、恨めしく思ったことはここだけのナイショ!(笑)


それと・・・・・ライブが終わって気づきました。

最前列ど真ん中は、首が疲れるって!(苦笑) (^^♪



     中西圭三 チャリティーライブ   2,000円ですってよ!




【 2009/09/06 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

NHK スーパーライブ 

NHKBS2で徳永英明さんのライブを見ました。

いや~、やっぱ うまいッ!

あの歌声を生で聴けたらどんなに幸せだろうな~って、何度も思いましたよ。

この秋、10月3日の地元ライブに行けないのがとても残念です。

次回こそは絶対行ってやるぅ~!

っていうか、コータローさんと公演日が重ならなければ何のことはないのに・・・。うぅっ!(T_T)


ところで、NHKのスーパーライブなんだけど、コータローさんのライブも取り上げてくれないかな~?

以前、スーパーライブの予定がないかNHKに問い合わせしたことがあるんだけど、

事務所側との合意がなければ企画できないので・・・みたいな回答だったんだけど、

そろそろコータローさんもスーパーライブに出てもいいくらい大物になってきてるんじゃないのかな~?

けっこうNHKにも貢献してるし・・・。

っていうか、NHKに要望をだせばいいんだよね!

コタファン、こぞってNHKにメールする     
    ↓ 
NHKスーパーライブスタッフ驚く!(◎o◎)!
    ↓
コータロー音楽事務所にお伺い  
    ↓
コータローちゃん、快諾!\(^o^)/
    ↓
ライブに行けないコタファン、涙を流して喜ぶ!(T_T) 


てなぐあい! 

ものは試し、NHKにアタ~ック! シテミヨーヨ!(^^♪

【 2009/08/13 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

え~っ!そんなぁ~・・・(T_T)

ぼ~っとテレビを見ていたら、ある男性アーティスト秋田公演のCMが流れていました。
そのアーティストとは・・・・徳永英明さん!\(^o^)/
昨年も秋田に来てくれたんですが、うっかりミスでチケットGetならず・・・。(T_T)
今年こそはと思っていたんですがぁ~。
公演日が10月3日
って、その日は押尾のコーちゃんのライブじゃないですか~!(>_<)
クァ~!そんなぁ~!ショ~ック!(T_T)
そういえば、最近全く徳永さんのHPをチェックしていなかったな~。
ん~、10月3日か~・・・・。

って、コーちゃんライブに行く気満々ではありますが、ところでコタパファンクラブ先行予約、
各会場とも100%確保になったんでしょうか?
既に一般発売になっている会場もあるようなので、その会場については
確保になっていること間違いないようですね。
もし抽選になった場合は、一般発売までに振り込んだチケット代をお返しするってことになっているので。
という事は、その他の会場はどうなの?
っていうことで、コタパにメールして確認してみました。
そのお返事は・・・・・。
「まだ確定していない会場があり、確定次第ホームページにアップする予定」 とのこと。
ん?まだ確定していない?
も、も、もしかして、東京国際フォーラム?
ま、ま、まさか、10月3日? それとも11月14日?
な~んか、やな予感・・・。
この予感が当たりませんように。
早く安心できる報告をサイトにアップしてくださいまし。 KOTAPA様!
【 2009/08/02 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

弾き語りツアー”GREEN MIND 2009”~秦基博~

昨日(7月8日)、秋田市文化会館で行われた秦基博くんのライブに行って来ました。
ここ最近数年は、インストのライブばかり ( そのほとんどが押尾のコーちゃん!) を聴いていたので、
歌詞付きの曲、いわゆるシンガーのライブは何十年かぶり(笑)!
会場も300人程度の小ホールで、小じんまりとしたアットホームな感じのライブでした。
私の座席はホール全体の丁度ど真ん中。秦くんの真正面!(と思いたい)。

今回の秦くんのライブは、ツアータイトルにもあるように全くの100% 「弾き語り」 でありまして、
たった一人でステージに立ち、アコギ数本とエ〇キとウ〇レレ、
そして変り種の任〇堂〇〇を使い、パワフルかつ繊細な歌声を披露してくれました。
そうねぇ~、何曲歌ったのかな~、アンコール含め20曲近く歌ったんじゃないかな?
途中まで数えてたんですけど、結局ギブアップ。(笑)
とにかく、歌が上手かった!声がすごかった!熱唱だった!
なんといってもギターを弾きながら歌うっていう秦くんにとっては当たり前のようなことが、
どれだけ凄い事なのか実感できたライブでした。
ギターも弾かなくちゃいけない、歌も歌わなくちゃいけない・・・。
これって、ホントにすごいことなんですよね? しかも歌が抜群にうまいとくりゃ!\(◎o◎)/!
で、トークも飾らず気さくで、普段着のままの秦基博って感じでした。

ライブの構成は、動、静、動の緩急がありまして、なかなかいいステージでした。
でも、オープニングから総立ちっていうのは、押尾さんではコタパライブ以外は経験がなかったので
ちょっと50間近のオバチャンにはきつかったかなっていうところです。
前方に陣取っている熱烈な秦ファンクラブのお姉さんたちが、ご本人が登場する前から
お立ちになるので、座ってはいられない状況になってしまったというのが本当のところ。
盛り上げ隊に引きずられてしまったという感じかな? 
そんな熱烈な秦ファンの様子を見て、「あれ?もしかして、私も押尾ライブのとき、
後ろの客席の方々の視界をさえぎるような事してなかったかしら?」という思いがふと脳裏をかすめ・・・。
決してのっけから総立ちが悪いってことじゃないんですけどね、なんか違和感が残ったもんですから。
ファンクラブライブのときはいいと思うんですよ、100%ファンばかりだから。
でもそうじゃないときは会場にはいろんなお客さんがいらっしゃいますからね。
ちょっと考えちゃいました!

でも、秦くんの熱いステージそのものはすばらしかったので、彼のライブには機会があったら
また参加してみたいと思っています。
って、もしかしたら次回は先頭きって立ち上がってたりして・・・・その可能性は・・・ある・・・かも!(笑)

今回の私の左隣の座席、最初から最後までずっと空席でした。
なんてもったいない!
チケット取れなかった人だっているのに・・・。ねぇ~!?
キャンセルしてくれたら、人助けにもなったでしょうに、ねぇ~!?
あ~、もったいない! 
でも、来れなかった理由はいろいろあるんでしょうからね。
これ以上は申しません!(笑)

ということで、秦ライブを堪能してきたわけですが、
なぜか不思議と私の気持は、秦ライブの余韻にどっぷり浸るというわけではなく、
むしろ早く押尾ライブに行きたいっていう方向に拍車がかかりまして・・・。
これってどういう心理なんでしょうかね?
どなたか解説を!(笑)


PS. 今回のライブのお土産は、会場まで車の運転をしてくれた旦那様のために
    秦くんのツアーグッズの中から、ピックセットを購入しました。

      OO-HM-0094.jpg


【 2009/07/09 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

ビビッときた! 押尾っちのように。。。

押尾コータローさんは別格なので、まずはスペシャルシートに置いといて・・・・。

最近ハマっているアーティストがいるんですが、(これ、浮気じゃないですからね。誤解なきよう。)

誰だと思います?

知りたい?
 
じゃぁ、続きへどうぞ!

   ↓
   ↓
   ↓

【 2009/03/09 (月) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(6)

大坂昌彦 in 横手

先日お話した大坂昌彦さん
守屋純子オーケストラでドラムを担当している秋田県横手市出身のジャズドラマーです。

最近、押尾さんのアルバムで守屋さんがアレンジした 「ブラックモンスター」 にハマってるって
言いましたが、その中でドラムを叩いているのが大坂さん。
特に気に入っている部分があるんですけど、タイムカウンターでいうと、曲が始まってから
丁度2分55秒過ぎのところ・・・。 ンタンタンタ~ン!というリズムでドラムが入るところ。
たまりませんわ~!\(^o^)/ カッコイイ~ッ!

その大坂さんがですね~、今日地元の吹奏楽団の定期演奏会にゲストで来られたんです。
もちろん、行きましたよ~!(*^^)v
1部は楽団の演奏で主にクラシック、で、2部がジャズで大坂さんの登場。
すごかったです!いや~、あのテクニック、素晴らしかった! 
普段はクラシック中心の楽団なので、ジャズのアドリブに慣れていないっていうこともあって、
優等生的な真面目なジャズっていう感じがしましたが、大坂さんのドラムが入ることで
グッと引き締まった感じがしました。

今回、なんで大坂さんがゲストでいらっしゃったかというと、楽団の団長さんと大坂さんが
保育園の時からの幼馴染なんですって! で、大坂さんを多くの方に知って頂きたいという事と
ジャズに少しでも興味を持って頂きたいとの思いから実現したようです。

終演後、大坂さんのアルバムを購入し、サインしていただきました!
ついでに、押尾さんの 「ブラックモンスター」 の件をお話しまして・・・・。
ついでに、こんな事もしていただきました!(*^^)v

   ↓
   ↓
   ↓



【 2008/11/16 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(6)

ん? どっかで聴いたことがある曲・・・。

タイトルにもあるように、最近TVから聴き覚えのある曲が流れてきます。
あのメロディーは確か・・・
コータローさんが出演した夏の仙台のライブ 「Welcome Sounds 2008」 で聴いたことが・・・。
あの 会場のほとんどのお客さんが引いてしまったという 楽団さんがやってた曲に似てる!

その曲はTOYOTAの 「ヴァンガード」 という車のCMで流れます。
出演している俳優さんは伊原剛志さんです。
見たことあります?

男性: 「この星空を君に送ろう!
女性: 「あなた~!どうしたの? うわ~っ!
・・・・・

都会の夜空に銀河鉄道ならぬ道路が現れ 「ヴァンガード」 に乗ってドライブするという
ロマンチックなCM。

さっそくチェックしてみました!
やっぱりあの楽団さんです。 そう、渋さ知らズオーケストラ です。
ライブのときは音がガチャガチャして耳が痛いなって思ったんですが、
CMで聴くとやっぱり違うもんなんですね。 当然ですがキレイに聴こえました。(^^ゞ
聞き覚えがあったということは、かなりインパクトがある曲だったから、ということなんでしょうね。
 
このテレビCMのおかげで今年の夏のライブを思い出し、自分の書いたブログを読みかえした次第です。

もうあと今年も残すところ2ヵ月とちょっととなってしまいました。
特に今年は時間が早く過ぎてる感じがします。
光陰矢のごとし! とはよく言いますが、矢よりも早い感じ。
矢 じゃないってぇと、何になるのかな~?
ん~・・・! 適当な言葉が見つからないっ! (>_<)

しかし今年はいつになく充実してる年だったな~・・・。

って、まだ終わってないよッ!(ーー;)

【 2008/10/22 (水) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

小沼ようすけ "Beautiful Day" Release Tour 2008 in Akita

11日(月)、秋田市文化会館で行われた小沼ようすけくんのライブへ行ってきました。
小沼くんのライブに参加するのは今回が初めて、JAZZというジャンルのライブを鑑賞するのも初めて。
小沼くんは秋田市出身。 地元生まれのアーティストですから、これは見のがすことはできないッ!
と馳せ参じた次第です。
で、去年リリースされたアルバム 「Beautiful Day」 はすでに持ってましたので、
ある程度は予習したつもり。
今回のアルバムは小沼くんの他に、ベースのリンカーン・ゴーインズ氏、
ドラムのスティーヴ・フェローン氏が参加されています。

午後6:30の開演予定より15分ほど押して、小沼くんを先頭にメンバーが登場。
地元アーティストに盛大な拍手を送った私ですが、周りの人の拍手に今一物足りなさが・・・。
もっと盛大に拍手しろよ~~~って感じ。(>_<)
やっぱり秋田県人? 人見知りという県民性がうかがえました。
今回、名古屋、大阪、福岡、東京と回ってきて最終日の秋田で、観客のこのテンション。ううっ。。。(>_<)
小沼くんどう感じたかな~?
もしかして押尾さんが将来秋田に来たときもこのテンションか~?
などと、そっちのほうが気になり出しました~。

そんなことはどうでもいいとして・・・
入場するなりアルバムの曲順どおり4曲をぶっ続けで演奏した小沼くん。
やっとMCに入ります。
あまりおしゃべりが得意じゃないのかな?
おっとりとして、もの静かな印象でした。
小沼くん曰く、「念願の地元秋田公演が実現しました。」
そこで、私、すかさず 「おかえり~!」 と合いの手を入れたかったけど、今ひとつ勇気が出ず
というか、合いの手を入れる空気じゃないってか!
お客さんも緊張してたんだろうね、きっと。
そういう空気を打破することができるキャラって、ちょっとあこがれ。
ということは、やっぱり私も秋田県人の血が根底に流れている証拠か?

そんなことは、どうでもいいとして・・・・
アルバムの曲以外に2曲ほど演奏し、途中15分の休憩とアンコールを含めて2時間強のライブでした。
アルバム以外の曲は、なんていう曲なのかわかりません。
「秋田だけ特別にやる曲です!」 って言ってましたけど、曲名が・・・。(>_<)
その曲は小沼くんとベースだけのセッションでした。
あと、小沼くんのソロでイスに腰掛けて演奏した曲もありました。
ギターはアコースティックだったな、確か。
途中聴いたこがあるフレーズが出てきたけど、これもなんていう曲かわかりません。
エリッククラプトンの曲?かな? change the world でしたっけ? 確かではない。
これじゃ、レポになってませんね!(ーー;)(ーー;)(ーー;) スミマセン

私にとっては初めてのJAZZライブであり、あまり聴き方がわからなかったジャズでしたが、
でもそういう理由はいらないなって思いました。
わからないんだけど、わからないなりに熱いものを受け止めたっていう感じがしました。
CDに収められたとおりの演奏っていうんじゃなくて、その曲の基本的な流れを踏みつつ
その合い間合い間に、ギターとベースとドラムのかけひきみたいな、暗黙の了解みたいな、
曲の流れとアイコンタクトで、全てが分かってしまうというプレーヤー同士のあうんの呼吸というか、
曲の最後はドンピシャで終わるというあの快感。
あー、これがJAZZセッションていうものなんだぁ~と少し理解できた感じがしました。
でも、ホントすごかった!どんなふうにすごいのか説明できないのが悔しいです。
最初遠慮がちだったお客さんもそのすごさで徐々に盛り上がり
中盤からアンコールにかけては最高潮でした。
小沼くんもとても楽しそうで嬉しそうで・・・。
本人曰く、 「秋田に生まれてよかった!」 って。 それを聞いて、私もうれしかったな~。
今回アルバムに参加してくれたリンカーンさんとスティーブさんもきっと地元秋田の熱気を
受け止めてくれたと思います。 また来て欲しいなぁ~。
因みに、あのお二人さんは世界でもトップクラスのセッション・ミュージシャンなんですって。
そういうスゴ腕プレーヤーを連れてきてくれた小沼くんて、やっぱりすごいギタリストなんですね~。

ただ、今回のライブ、チョット贅沢を言わせてもらえば、曲を演奏する前にその曲の
説明があれば良かったかなと。
チョッとした解説があれば、聴いている側はイメージがよりいっそう膨らみますからね。

ところで、ライブが終わった後、会場でCDを購入した人にサイン会があったんです。
私は自宅からCDを持参してましたので、その旨をスタッフの人に伝えたら、
「いいですよ、どうぞどうぞ!」 と快くOK頂きました。
押尾さんのときもドッキドッキしましたが、小沼くんもすぐ目の前にしたらドキドキしちゃいました!
だってぇ、すっごいイケメンなんですも~ん。(#^.^#)
「おかえり!」 って言えなかったことと、 「小沼くんは秋田の宝だから、応援してますよ!」
ということを伝え、握手してもらいました~。 ふっくらと柔らかくて温かかった。
小沼くん、人懐っこそうな目をしていたなぁ~。
一瞬、maaneeさんの目にポワッとハートマークハートが点滅しました。
おっと~、いけん、いけん。私にはれっきとしたお方が・・・。
旦那様じゃありませんよ、押尾のコーちゃんですから。
でも小沼くんは親戚の従兄弟的な感じなので、それ以上は発展しない・・・かも!
と、年甲斐もなくウキウキ気分を満喫して帰って参りました!

以上、小沼JAZZライブ初体験 “ 感想文 ” でした。 
ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございます。 お疲れ様でしたッ!

CIMG2520.jpg


CIMG2515.jpg
【 2008/02/12 (火) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

映画情報!

今週の 「押し弾き」 にゲストで来られた中ノ森BANDのAYAKOさん。
そのAYAKOさんがバンドのメンバーと共に、2月2日公開の映画に出演なさってるんですって。
その映画のタイトルは 「結婚しようよ」。
そうです、あの吉田拓郎さんのなつかしいヒット曲の 「結婚しようよ」 です。
つまり、映画の全編に拓郎さんのヒット曲が流れる映画なんだそうです。
なんでも監督さんが拓郎ファンで、いつか拓郎さんの曲で映画を・・・という発想でつくられたとか。
詳しくは下のURLを参考にしてくださいね。

映画作品紹介サイト
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7692

映画「結婚しようよ」公式サイト
http://www.kekkon-movie.com/

ところで、吉田拓郎さんといえば、うちの旦那様も拓郎ファンの1人なんですよ。
よしッ、絶対見るぞ! と張りきってました~。

私達の年代、40代後半から50代の方々は、拓郎さんと共に青春していたんじゃないのかな?
私にも旦那様との懐かしい思い出があるんですよ! うふっ!(^^♪

そのお話は、近々、ゆっくりと! ヽ(^o^)丿

何気にもったいぶるmaaneeであります!
【 2008/01/25 (金) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

なごり雪 2タイプ

押し弾きの 「ギター教えたロー」 コーナーの課題曲は 「なごり雪」。
先週は伊勢正三さんがゲストで来てくれました。 うれしかったなぁ~。(ToT)
さて皆さんは イルカさんの「なごり雪」派ですか? それとも伊勢正三さんの「なごり雪」派?

私はやっぱり正やんです。
この曲は私がまだ若かりし頃、そうねぇ、中学か高校の頃かな、
南こうせつさん率いるかぐや姫の「三階建ての詩」というアルバムの中にあった曲で、
もちろん正やんの作詞作曲です。
私はずっと正やんの「なごり雪」を聴いていたので、ある日突然イルカさんが
シングルカットでその曲をリリースした時はとてもショックだったんです。
なんで女性のあなたが歌うの?って思ったものでした。
私はイルカさんが歌う 「なごり雪」 を心のどこかで認めたくないっていう気持ちが
今でもあるんです。 私の中では、「なごり雪」 は正やんでなければダメなんです。
ただ、彼女が歌ってくれたおかげで、今では名曲といわれるようになったのですから
その貢献度は認めなければいけませんね!

でもや~っぱり・・・・・「なごり雪」は・・・正やんです。

今日は私のちょっと意固地なコダワリを紹介してみました!



PS. ひとり言ですが・・・
    このブログのアクセス20,000のキリバンを踏むのは一体誰かな?
    って、どこにカウンターあるか分かるのかな~。(^^ゞ
【 2007/12/17 (月) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

あの曲は誰が歌っているの?

最近ユニクロのCMで流れている曲、
♪ずっと二人でいられたらいいね~ ウソでも夢でもかまいはしないから~♪ っていうやつ。
以前ユニクロのカシミヤのCMソングで流れてた声の持ち主と同じみたいです。

最初あの声を聞いたとき、キンモクセイというグループのボーカルの人かなと思ったんですが
またちょっと違うな~。 河村隆一さん? いや、もうチョット若い感じがするな~。
でもなんとなく同じ声のニオイがするな~。

じゃぁ、伸びのある透明感のあるあの声の持ち主は一体誰?
ということで追求してきました!(^^ゞ
お名前は工藤慎太郎さん。(工藤慎一じゃなくってよ!コナンと間違えないでね!) 
PVをゲットしてきましたのでご紹介します!

では続きへどうぞ!\(^o^)/






【 2007/11/25 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

ちょっとした情報!

小沼ようすけクンは地元秋田出身のJAZZギタリスト。
彼の6枚目のアルバムが明日24日発売されます。
ということはフライングゲットで本日手元に渡っている方も
いらっしゃることでしょうね。

そのアルバムの情報なんですが、
「初回生産限定盤のみ、本人が弾き語りをしながら作品の解説をする映像をはじめ、
TV放送された映像の中から、ギタリスト、押尾コータローとのデュオで演奏した
ビートルズの『イン・マイ・ライフ』を収録したDVD付き!」 とありました。

私はあの番組を見ることができなかったので、興味ありありです。
横浜に住んでいる長女に録画を頼んでDVDを送ってもらったんですが
ファイナライズしてなかったみたいで、見ることができませんでした。(>_<)

でもって、明日CDショップへ行ってこようかなと。
もちろん、小沼くんの曲も聴きますよ!
コータローさん目当てという印象が見え見えみたいなので
ちょっとここでお断りしておきますね!\(^o^)/

小沼ようすけくんのブログ
  http://onumayosuke.cocolog-nifty.com/

Sony Music Online Japan  
  http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?associate=SMO&goods=SICP-10093
【 2007/10/23 (火) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

木村大くん! 押尾ってました!

昨日(20日)、木村大クンのコンサートに行ってきました。

木村大「威風動々」JAPAN TOUR 2007 with strings HEXANOISE
~世界を駆ける新星が、クラシックギターの常識を覆す!~

というタイトルがついてました。
このコンサート、格安だったんです。
前売券¥1980  当日券¥2300 (全席自由)
普通なら¥4000~¥5000 くらいですよね。
県主催事業の一つでしたので特別安かったんでしょうかね。これはお得でした。

ところで「with strings HEXANOISE」いうのは、6人の弦楽器の方たちがいて
バイオリン3人、ビオラ1人 チェロ1人、コントラバス1人 の計6人。
HEXANOISE(ヘキサノイズ) はヘキサゴンとかいうあのヘキサからきてるみたいですね。
いわゆる6の意味です。
NOISEは雑音?の意味なんでしょうか。
雑音だなんてとんでもございませんでした。謙遜してつけたんでしょうかね。
大くんのギターを盛上げるにはバランスのよく取れたグループでした。
あの6人より少なくても多くてもいけない感じがしました。
それにけっこうお若くてイケメン(?)の方々で・・・。

おっといけない、本題に入りますね!(^^ゞ

3:00開演とのことでしたが、5分ほど遅れて先にストリングスが入場。
チューニングの確認を終えると、今回の主役木村大クンが入場。
「遅れてスンマセン」みたいな感じであわてて入ってきた感じがしたのは私だけだったのかな?
大またで颯爽とロングヘアをなびかせながら歩きます。
そのふわっとサラッとした髪は、あたかもシャンプーの香りがしてきそうなくらいキレイでした。
白いYシャツにグレーのベスト、それに折れそうなほど細い御脚をもっと際立たせるくらい
細身のパンツ。足元にはオシャレな白い靴。先っちょがとんがってました。

いよいよ演奏の始まりです。
と、思いきやギターにラインをつなげたんです。
えっ?クラシックギターにラインをつなげるの?って思ってしまいました。
あたりまえのことなんですかね? マイクで拾うのかなと思ってました。
今回はストリングスも一緒なのでストリングスに音が消されてしまうからなんでしょうね。
バイオリンにもなんかラインがひいてました。細いピンマイクみたいなもの?かも。
チェロとコントラバスにはひいてなかったようです、定かではないですけど。
あんまりそういうの詳しく知らないので今回は勉強になりました。

でもって演奏の始まりです。
今回のテーマ曲「威風堂々」(エルガー)からです。
皆さん、気が付きました?
ツアータイトルは「威風動々」。 曲名は「威風堂々」。
この違いは何事も活動的にACTIVEにということから「動々」とつけたそうなんです。

で、演奏のほうですがオーケストラでなくても、少人数でもスケールの大きい演奏って
できるんだな~って思いました。
ただ、ラインで繋いでいるせいでしょうか・・・・・
クラシックギター本来のまろやかな音ではなかった気がします。
どうしても雑音を拾ってしまうようなところがあって、そこがとっても残念でした。
という事は押尾さんだってラインでつないでいますよね、クラギとアコギの違いなんですかね?
それとも音響技術の違いなんですかね?
今回の木村大クンのコンサートはYAMAHAさんが協力してくれてたみたいですけど・・・。
これからまだまだ改善の余地がありそうな感じがしました。
って、このド素人が生意気なことを言ってしまいました。スンマセン!

ところで今回のコンサート、ちょっとしたハプニングがありまして。
演奏が始まって3,4曲めあたり。
大クンのソロから入って数秒したら、後ろのストリングスの方たち
急に譜面をめくり始めたんです。
あれ~? もしかして大クン、曲順間違えた~?
でもさすがストリングス、何事もなかったようにすんなり曲に入りました!
その曲を終えて一旦大クン袖に引っ込みました。
ストリングスだけの演奏が終わって再び颯爽と登場。
すると大クン、
「先ほど曲を間違えてしまってメンバーに迷惑かけちゃいました!スミマセン!(^^ゞ」
なんと、正直! 茶目っ気があります。
オバさんはついつい 「いいの!いいの!気にしないで!」って叫びたかったですぅ!

今回のコンサートでは大クンだけのソロ演奏の曲もあって
その演奏がすばらしいのなんのって・・・・。
32部音符?いやそれ以上の64部音符?かと思えるくらいのスゴ技で
いったい指はどうなってるんだろう、指が分身の術でも使ってる?と思うほどのテクニックでした。

それから、特に私が興味を覚えた場面があって・・・・・
なんと押尾さんのような奏法を使って演奏した部分があったんです。
ライトハンド奏法というんですかね?
オーロラやオアシスのときに使ってるやつ。右手で弦を押さえて音を出すってやつ。
手元が譜面台でかくれちゃってよく見えなかったんですけど、
右手をネックの上のほうに当ててましたので、たぶん間違いないです!
それとボディーも叩いてました。
つい、「押尾ってるよ~!\(^o^)/」とニンマリしてしまいました!

そうこうしているうちに最後の曲を迎えてしまいました。
当然アンコールです。
ストリングスだけの曲を1曲と、「威風堂々」でした。
特に「威風堂々」はお客さんと一緒に演奏したいとおっしゃって、手拍子をお願いされました。
お客さんも心得ていて、フォルテのときは力強く、ピアノのときは押さえて、
テンポが遅くなれば手拍子もゆっくり、てな具合で演奏家と一体になって曲を楽しみました。

そして終演となってしまいました~!
あっという間の2時間でした。
ステージを楽しむというより音を聴かせるというクラシック本来のコンサートでした。

押尾さんは人を楽しませる方法を身につけているエンターティナーな感じがしますが、
今回の木村大くんとストリングスの面々は素人っぽくてとても爽やかでした。
 
私も大クンのような髪の持ち主になりたい!です。(^^ゞ







【 2007/10/21 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

今日の出来事!

今日9月1日は、近所の神社のお祭りでした。
そこで、めったに飲まない 「アサヒ SUPER DRY」をひと口ごちそうになったら
ある事をすっかり忘れてしまって・・・・・ショック!(>_<)

ある事とは、徳永英明さんのライブツアーの電話予約が午後1時からだったんですけど
ケロッと頭からぬけちゃって、気付いたときには3:30でした。
一か八かで電話してみたんですけど、すでに完売のアナウンスです。
かーッ!ショック!
今回のツアーではウチから比較的すぐのところで公演があるので
絶対行かなきゃって張り切ってたんですけど・・・・。
時すでに遅しでした~!
めったにないチャンス、それをはずしてしまうなんて、かなりショックでした。

ショックを引きずりながら、夕方次女をアルバイト先に送って行ったついでにCDショップへ寄りました。
このショップではCDやDVDを3千円以上買うと、ラッキーくじみたいなものをくれるんです。
で、その当選番号を確認しに行ったんですよ~。
当たれば商品券がもらえるんです。千円の部と二千円の部があるんですけど
当選番号は1つだけじゃなくて、けっこうな数あるんで、確率高いんです!

ショップに入ってすぐ耳に入ってきたのが、コータローさんの「Red Shoes Dance」。
私のためにコータローさんの曲をかけてくれてたのかしら~!
な~んて勘違いも甚だしいんですが、嬉しくなってしまいました。
さっきまでの沈んだ気持ちがウキウキ気分に。 (単純なもんで・・・)
そんでもって、くじの番号を確認していくと・・・・・
やった~!当たってました~!
それも二千円の商品券のほうでした! ラッキ~!
さっそく使っちゃいましたよ~。
コータローさんの「Panorama」スコアを持ってなかったので、ゲットしてきました。

こんなにラッキーなことがあるなんて~。(*^^)v
徳永チケット予約失敗でショックを受けた分、挽回したって感じで・・・、
いや、気持ちはそれ以上にプラス傾向です!

今回のくじが当たったことで、次回のオータムジャンボ宝くじも、もしかしたらいけるかも! 
なーんて、けっこう短絡的に考えてしまうmaaneeなのでした~! (言い回しは、今日のわんこっぽく!)
【 2007/09/02 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

ちょっと気になる好青年! ハニカミ王子じゃなくってよ!

気になる青年? 誰だと思います? 「小沼ようすけ君」 です。
今日は彼についてチョットお話してみましょう。

1974年11月24日生まれ 32歳
ギタリスト(jazz)
14才でギターをはじめる
パン・スクール・オブ・ミュージック出身 (8期生)
1995年ヘリテージ・ジャズギター・コンペ日本代表世界3位
1999年ギブソン・ジャズ・ギター・コンテスト優勝
2001年11月、SONYよりデビュー・アルバム 「nu jazz(ニュー・ジャズ)」 をリリース

とここまできて、何か あれっ? と感じた方いませんか?
ギタリスト・・・14才でギター・・・パン・スクール・・・SONY・・・
そう、押尾コータローさんと共通項があると感じた方はかなり敏感かも?
専門校では押尾さんが1期生ですから先輩後輩ですね。
SONYでは、ようすけ君のほうが先輩ですね。

何故いま小沼ようすけ君のお話かと言いますと、
「未来に残したい音風景~渡辺満里奈と8人のミュージシャンが贈る5つの物語~」(テレビ東京)
という番組が 7月7日(土)16:00~17:15 にあるんです。
その番組で押尾さんと小沼ようすけ君が共演するんですよ!
押尾さんのHPでチラッと番組の情報がありました。
http://www.kotaro-oshio.com

ようすけ君はギタリストですがjazzです。
今まであまりjazzには興味がなかったんですが、押尾さんと共演というところに
チョット惹かれたわけです。
それに彼は秋田出身。以前から同じ秋田人ということは知ってましたが
彼の曲を聴いてみようかというところまでは至りませんでした。
そんでもって SONY MUSIC のHPで彼の曲を試聴してみました。

ビデオクリップの試聴もありましたので下に紹介してみました。
お顔立ちもイケメンです。さすが秋田美男子!
俳優の藤原竜也クン系かな?
ちょっと松田翔太クン(松田優作さんの息子さん)にも似てます。・・・・・ (私、そこに一番興味あるかも!)
ちなみに、パン・スクールのHPに彼のインタビュー動画がありました。
その中に、「押尾くん」という単語もチラッと出てきました。
http://www.pan-music.com/index.php
もちろん押尾さんの卒業生としてのコメントもありますよ!(^^)

7月7日の放送はこっちの田舎では見ることができません。
なので、横浜の長女にVTR撮ってもらうことにします。
どんな共演になるのか楽しみですね。
んんん~、待ち遠しいです~。ヽ(^o^)丿

小沼ようすけ君・・・チョット気になる、にわかに気になるアーティストです。
maaneeさんの もの好きグセが何やら始まった感ありか?!(^^ゞ








【 2007/06/22 (金) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

この動画を見たことありますか?

ネットをウロウロしていたら衝撃的な画像を見ちゃって・・・。
もしかしたら、もう既にご覧なった方がいるかもしれませんが、見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=rjAFtX_Ywg4


一言、 すごいッ! \(◎o◎)/! おそろしい!(-_-;)

このプチ押尾くん、日本人じゃないのが、チョッとくやしい。 (ーー;)

使用しているギターのヘッドがクラシックのものみたいに見えるんですけど見間違い?
もしそうだとしたら、そこに鉄弦を張るってこともありなんでしょうね。
それとあのギター、コードがサウンドホールから出ているところが
なんとも憎めない!(^^)


PS.今日でブログをはじめて一年が経ちました。
   なので、今日はブログ記念日です!(^^ゞ
【 2007/01/20 (土) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

初めて聴きました!

何を聴いたかって?
スガシカオさんです。
以前から気になっていたミュージシャンの一人です。
コメントマンのごんちゃんがお奨めしていましたので、チョッとCDを買ってみました。
ごんちゃんお奨めの「SWEET」を聴いてみようと思ったんですが、在庫がなかったので
「PARADE」にしました。

と~ってもセクシーなお声ですね! 
あのしゃがれ声がたまりませんゎ~。(*^_^*)
「ハスキー」というより、「しゃがれ声」という方が彼には合っている感じがします。
ハスキーは一直線な感じ、しゃがれ声は波線で味わいのある感じ。
一種独特の雰囲気で、大人の男性の色気を感じます。
あの声でもって目の前で歌われたら、私は一発で fall in なんとかです。キャッ!(*^_^*)
あれっ? 徳永さんのときも、確か似たようなこと言った気がするんですけど・・・
私って浮気者? いえいえ、気が多いだけです!(^^ゞ

特に「午後のパレード」はワクワクうきうきしてきますね。
空の上から紙吹雪が舞い落ちてくる風景を想像してしまいます。

あの歌声、声というより、歌詞を持った楽器の1つみたいな・・・ん~~~なんと表現したらいいか。
楽器というと硬い物質ですが、しゃがれ声を出す柔らかい空気のような楽器みたいな・・・。

なんか自分で何言ってるかわかりましぇ~~~~~ん!(>_<)

しばらくこのCDが、会社への行き帰りの時間を独占しそうです。

【 2006/11/21 (火) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(10)

旦那様のカリスマ的存在は・・・

今週始め、東京へ行っていた旦那様のお話を少々。
なんと彼は、「吉田拓郎」さんのコンサートへ行っていたのです。
彼は昔東京へ住んでいたことがありまして、そのとき以来の友達が
チケットを準備してくれてたんです。
そのお友達は、拓郎さんの大大大ファンで、拓郎さんと共に生きて来たといっても
過言じゃないくらいの拓郎好きな方なんです。
そのお友達は、自分だけならまだしも、我が家へも拓郎グッズを
送ってくれる非常にありがたいお方です。

10月23日は拓郎さんの全国ツアーの初日で、旦那様曰く、
「俺は感動して泣いてしまったよ~!」というのです。
回りを見るとやはりオジサン族がたくさんいて、自分と同じように
青春時代を拓郎さんと共に歩いてきた「仲間」たち。
その仲間が一緒になって歌っている姿を見たら、なんだかとても
感慨深いものがあったと言ってました。

60歳になった今でも活躍し続ける拓郎さん、昭和・平成を代表するアーティストですよね。
昔私が若かった頃は、拓郎さんのメッセージ満載の歌がどうも理屈っぽくって
しっくりこなかったんですけど、歳を重ねていろんな経験をしてきた今になって、
ようやく拓郎さんの歌詞が心に響くようになりました。
とくに「今日までそして明日から」はとても重みのある歌です。

    わたしは 今日まで 生きてみました
    時には だれかの 力をかりて
    時には だれかに しがみついて
    わたしは 今日まで生きてみました

    そして今 わたしは思っています
    明日からも
    こうして生きて行くだろうと

    わたしは 今日まで 生きてみました
    時には だれかを あざ笑って
    時には だれかに おびやかされて
    わたしは 今日まで生きてみました

    そして今 わたしは思っています
    明日からも
    こうして生きて行くだろうと

    わたしは 今日まで 生きてみました
    時には だれかに うらぎられて
    時には だれかと 手をとりあって
    わたしは 今日まで生きてみました

    そして今 わたしは思っています
    明日からも
    こうして生きて行くだろうと

    わたしには わたしの生き方がある
    それは おそらく自分というものを
    知るところから始まるものでしょう

    けれど それにしたって
    どこで どう変ってしまうか
    そうです わからないまま生きてゆく
    明日からの そんなわたしです

    わたしは 今日まで生きてみました
    わたしは 今日まで生きてみました
    わたしは 今日まで生きてみました
    わたしは 今日まで生きてみました

    そして今 わたしは思っています
    明日からも
    こうして生きて行くだろうと


おじさん族おばさん族を惹きつける魅力は、こういった奥深い歌詞に
秘密があるのかもしれませんね。

【 2006/10/26 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

「VOCALIST2」

またまた徳永さんの「VOCALIST2」のお話を!
最近車の中で聞くのがこのアルバムです。
特に1曲目の「雪の華」(中島美嘉) いいですね~~~!
REPEATして聴いてます。ついでに歌っちゃいます。(^^ゞ
対向車が来ないときは大口開けて、来た時はちょっと閉じ気味で。

先日次女にこの徳永さんのアルバムを聴かせて、何曲かは泣けてくるねって言ったら
「それは、お母さんがそういう経験があるからじゃないの?」って・・・・・ギクッ!スルドイッ!(*_*;
でも残念ながらそういう経験はないのよ~。
経験がなくてもいい曲は感動するんだよ!と教えました。

でも、いつの間にかスルドイことを言うようになった娘に、ちょっと心の成長を感じました。


【 2006/10/09 (月) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

VOCALIST

先日押尾さんのCDを購入したとき、ついでに以前から気になっていた
アーティストのCDを一緒に購入しました。
誰だと思います?
徳永英明さんです。
前々から彼のハスキーな甘い声に魅力を感じておりました。
あの声を聴くと胸がキュイ~ンとするんですよね。
で、彼のCDですが、「VOCALIST」と「VOCALIST2」の
2枚を一緒に購入。で、今日聴きましたよ、じっくりと!
朗々と歌い上げるわけでもなく、自分に酔った歌い方でもなく
しっとりと歌い上げています。
いや~、最初の「VOCALIST」のほう、泣けました。

泣いた曲一覧
 「ハナミズキ」(一青窈)
 「駅」(竹内まりや)
 「秋桜」(山口百恵)  
 「会いたい」(沢田知可子)
  
原曲はもちろんすばらしいです。
徳永さんが歌う事で、今まで何気なく聞いていた歌詞がすぅーッと
心に入ってきて・・・・・涙です。
特に、「会いたい」はただでさえ涙なのに、歌の中の彼女になってしまいました。

最近の曲は脈絡のない意味不明な言葉の羅列で、メロディはいいんだけれど、
詩が覚えれないって言うのがほとんど。
これは私が歳とったせいだけではなさそうです。
せっかくの歌詞があるんだから、意味の分かる美しい日本語を
使ってほしいって事を、徳永さんのCDを聴いて切に思いました。

やっぱり徳永さん、歌唱力ありますね。すばらしかった。
「バラードは徳永英明」でキ・マ・リ!(^^♪
【 2006/10/01 (日) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

お気に入りのアルバム

もちろんコータローさんのアルバムは全てお気に入り。
今回はそれ以外のアルバムで私のお気に入りをチラッと。

「ONCE IN A BLUE MOON  長谷川天 イメージ・アルバム」
このアルバムはですね~、先日も出てまいりました竹野内豊クン主演の
ドラマ、 『WITH LOVE』 のサウンドトラックなんです。
竹野内クン扮する作曲家 「長谷川天(たかし)」 が出したアルバムという
設定なんですが、本当の作曲者は岩城太郎さんです。

このアルバムの中でも特に 「ONCE IN A BLUE MOON (LINK TO FATE)」 が
一番押しです。ドラマのメインとなったメロディなんですが、
爽やかな初夏っていう感じと淡くせつない哀愁が漂う感じの曲です。
このドラマが放送されたのが春から初夏にかけてでしたので、ちょうど今頃の
季節でした。ですから、もう8年も前のアルバムですが毎年この季節になると
必ず聞いてしまいます。そしてあのドラマの竹野内クンを思い出してはポ~と
なるのです。

竹野内クンに関しては、「星の金貨」の頃から注目してましたが、このドラマで
一気に目がになってしまいました。
目がとってもきれいで、立ち姿もさすが元モデル。
ましてあの低い声で囁かれたらイチコロですよ~(^_^;)

ですが今は・・・・言うまでもありません。コータローくんです。
コータローくんには竹野内クンもかないません。
外見を比べたらそりゃ・・・ですが、外見じゃありません。
違いは、ファンを大切にしてくれる度合いが違うって事。
もちろん竹野内クンもファンを大事にしてるとは思いますが・・・
竹野内ファンには申し訳ないのですが、雲の上の人になってしまった
竹野内クンに比べて、コータローくんは雲の上の人には違いないのですが、
それなりに上から手を差し伸べてくれる感じがするのです。
こんなこと言ったら竹野内ファンに袋叩きにあうかしら?

竹野内ファンの皆様、ごめんなさい。m(_ _)m

PS.  今日コータローさんのファンクラブ「KOTARO PARK」の更新手続きを
    してきました。年間4,000円ですが、月々にしたら約333円です。
    一度あのライブを見たら年会費は惜しみません。
    だってそれ以上の価値があるんですもの。
    通信蘭に、ずっと応援しますってでっかく追記しました。
    郵便局のかた、気のせいかも知れないけど微笑んでいたような・・・
    やっぱ気のせいかも!
【 2006/07/03 (月) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(4)

お気に入りの1曲

最近、出勤時の車の中で聴く曲は決まって Cat Stevens の
「Morning Has Broken (雨にぬれた朝)」です。
コーヒーのCMに使用された曲なので、知ってる方が多いかもしれません。
一応参考のために この曲を試聴できるURLを紹介しておきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00004S51Y001010/503-4664414-9176735

この曲、最近一番のお気に入りです。気持ちがホンワカするような3拍子です。
2年ぐらい前に「the Piano songs」という2枚組CDアルバムが出まして、
(Cat Stevens のアルバムではありません。いろんなアーティストの曲が入っています。)
その中の1曲なんですが、最近久しぶりにその曲を聴いていたらある事に気が付きました。
曲はピアノソロの前奏で始まりますが、ボーカルが入ると同時にギターが後ろのほうで
♪ジャン・ジャカ・ジャカ、ジャン・ジャカ・ジャカ・・・♪ってきれいにストロークしているんです。
にわかに、私にもできるかも・・・・なんて思ってしまいました。
でもコードがわかりません。耳コピできる方がうらやましいです。
コードが無理なら、右手のストロークだけでも・・・なんて、運転しながら曲に合わせて
右手を ♪ジャン・ジャカ・ジャカ、ジャン・ジャカ・ジャカ・・・♪振ってます。

すれ違った対向車の人たち、変に思ってるだろうな~。
【 2006/05/18 (木) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(2)

[プレイヤーズ王国」

いや~勉強になりました、「プレイヤーズ王国」。
いろんな方が十人十色で演奏してらっしゃいました。
特にコータローさんの曲をコピーしてらっしゃる方の何と多いこと。
同じ曲でも、その方の個性で曲調が全く違うんですね!感心致しました~。

なんかこのサイトにどっぷりはまり込んでしまいそうです。
同じ曲を聴き比べているうちに、あっという間に時間がすぎてしまって・・・
ちなみに今日聴き込んだ曲は 「Merry Christmas Mr.Lawrence」。
アコースティックギターのほかに、ピアノも聴きました。
やはりピアノは、坂本龍一さんのピアノソロ本家本元という感じですが、
それを違和感なくギター1本で表現してしまうというアレンジ・・・
改めてコータロさんの偉大さを実感致しました(@_@)!

次は何の曲を聴こうかな~?
おっと、寝る時間がなくなっちゃうから今日はこの位でやめとこー!
【 2006/04/05 (水) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)

「ボサノバ」

好きな音楽に「ボサノバ」がある。よく聴くのは「小野リサ」。
彼女の癒し系の声が、なんとな~くリラックスできるんだよねー。

ちなみに、ボサノバの意味は 「新しい感覚」 だとか。
1950年代にブラジルで起こったポピュラー音楽でサンバがジャズの影響を受けてできたものらしい。

英語と違ってポルトガル語は心地よい。意味が全くわからないからイイのよ。
ただ感覚で聴いているだけなんだけど・・・BGMにはとってもGood。
ボサノバにもいろんな種類があるんでしょうけれど、全くそんなのわかんない。
けど、聴いているだけで自分がおしゃれな感じになってくるんです。
(実際はちっともお洒落じゃないけど・・・勘違いさせておいてくれ~!)
だから、曲の題名もいまだにわからない。
たまに彼女の曲がTVでかかったりすると、「あっ!小野リサの曲だ!曲名わかんないけど、CD持ってる!」ぐらいな感じなのだ。

理屈抜きにして、好きなものは好きなのだ。
題名だの、意味だのそんなの私にゃ~関係ないのだ!

それでいいのだ!




【 2006/02/03 (金) 】 その他音楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。