maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2005年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受験シーズン

「口笛を吹きつつ一気に階のぼる
         受験間近き子に星凍つる」

上の短歌は、私が中学3年生のとき、母が私を詠んだ歌。
ちょうど今ごろの季節だったと思う。

「口笛を吹きつつ」ってところで、受験が近いからって神経質にもなってなかったみたいだねー。
「一気に階のぼる」ってところでは “夕ご飯も食べた事だし、さぁ今から頑張るぞッ” 見たいな意気込みが感じられるなぁ~。トントントンって軽快に階段を上る音が聞こえてきそうだな~!
「星凍つる」ってあるから、きれいな星空だったんだろうねぇー。翌日はきっと放射冷却で冷え込んだに違いないなぁ~。
この歌を詠みながら母はどんなこと考えてたんだろう。もしかして、凍りつきそうな星に向かって願いをかけてくれてたのかな?「合格しますように!」って。

当時は心配のそぶりも見せなかった親だったけど、それなりに私の事心配してくれてたんだねー。きっと。 なんか懐かしい・・・。今から○○年も前のことだし。
今となってはこの歌は形見になってしまったけど。

と物思いにふけっている現在の私はといいますと、ちょうど中学3年生の子供を持つ母親となっているのでございます。

いつの時代も子を持つ親の気持ちって変わんないんだねー。
でも、子供はいつの時代も同じとはいきませんで・・・。

わが子といえば・・・虚しくなってきちゃいます。んもう、やンなっちゃいますぅー。毎日私の方が気合入れっぱなしです。
わが母のように、何も言わないで見守ってみたいものです。

あと数ヵ月後、「希望あふれる春」を迎えることが出来るのでしょうか・・・。とっても心配です。。。。

今日の夜空は、ちょうどお星様が出ているので、お願い事しようかなぁ~。
「どうか、娘が高校受検に合格しますように!」って・・・。




スポンサーサイト
【 2006/01/30 (月) 】 季節 ・ 風景 | TB(0) | CM(3)

ギター

小学生の時、たしか1年生くらいだったかなー。
冬のある日コタツでお昼寝してて、そのお昼寝から覚めそうで覚めそうにない状態の時、8歳年上の兄がギターの練習をしていた。
「禁じられた遊び」だった。その当時、ギターの練習曲と言えば定番となっていた曲だ。
そんでもって、ウトウトしている時にその心地よいギターの調べが聞こえてきたもんだから、じぃ~っと聞き入ってしまったのを良く覚えている。
その時はクラシックギターだったのでガット弦だったけど、とっても癒される音だった。幼心にもギターの音っていいなぁ~と思ったのでございます。

最近は、アコースティックギターの音が好きだな。
スチール弦の雑音とでもいうのかなー、左手がフレットを移動するときの「ヒューン」みたいな「キュイ~ン」みたいな音がたまらなく好き。機械の音じゃなくて生身の人間が弾いている証拠って感じで大好き。

特に押尾コータローさんが弾く時のあの「ヒューン」て音はホントに好き。
だってあの音を聞くと、彼がすぐそばで私のためだけに弾いてくれてる気がして・・・息づかいまで聞こえてきそうだよ~。 うっとり~

なんか「錯覚しすぎだぜ」って言ってる方達のお声が聞こえてくるようですが・・・気のせい?



【 2006/01/28 (土) 】 Guitar ギター  | TB(0) | CM(0)

「オペラ座の怪人」&「ファントム」

今ブロードウェイでミュージカル「オペラ座の怪人」がロングランを更新中らしい。
原作は、フランスのガストン・ルルーという人で1910年に発表した作品らしい。
その後1989年、原作を基に脚色しオペラ座に出没する以前の、「怪人」の生活に焦点を合わせた小説が出ている。それがスーザン・ケイの「ファントム(怪人)」。

私的には、「ファントム」が断然おもしろい。スーザン・ケイ女史の「オペラ座の怪人」に対する目の付け所がすばらしい作品。
原作の方は、ミステリー&スリラーが中心なんだけれど、後者の方は人間愛が語られているんだよねー。主人公エリックに関係のある人物達が語るオムニバス形式になっているから、とっても読みやすいし面白い。読み易いのは翻訳した方(北条元子さん)のおかげであることは言うまでもありませんが。

もしかしたら本当に「怪人」は存在したのかも・・・なんて思ってしまう。
いや、いて欲しいなぁ~。

「ファントム」によれば、怪人には子供がいたことになる。
となると、もし本当に怪人がいたのなら、怪人の子孫が現代にも存在している
可能性がある・・・かもね!

とにかく、ドラマチックなストーリーがお好きな方には「ファントム」がおすすめです。(^_-)☆!

両方読むのが一番お奨めなんだけど、だとしたら原作を先に次に「ファントム」を読んだ方がいいかもよ!




【 2006/01/27 (金) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(0)

三島由紀夫「春の雪」

映画「春の雪」が少し前に話題になっていた。
同じ頃、原作はどうなってるのかなと思いさっそく書店へ。
読み始めて10分もたたないうちに眠くなった。
ある有名人は、「日本的な言葉の表現が素晴らしい。さすが昭和の文豪です。」
とか何とか言ってるけど・・・

私は単純な人間だから、どうもあの難しい言い回しは性に合わない。
“結局何がいいたいの?” みたいな感じでさ~
“もっと簡単に言ってよ!” と一人で本に向かってムカツイテいたよー。
言葉の羅列はどうも好きじゃないなぁ~
10個の単語を使って表現されるより、一発でキメテ欲しいわよ。
というより、ただ単に私に情緒が足りないだけか・・・!? だよねー。

文庫本を買ってから暫らく経つけど
今日は少し読み進もうかなー。

たぶん、「誘眠剤」になることは間違いないけど・・・



【 2006/01/26 (木) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(2)

山その2
ちょっと前の写真です。

といっても、今季初冬の風景です。(かなり前だよね!)
うちの近くから見た景色です。
富士山みたいでしょ?
でも違うんです。
俗称「出羽富士」と呼ばれています。
のんびりした、自然がいっぱいのところに住んでます。
いわゆる“田舎”です。



【 2006/01/25 (水) 】 季節 ・ 風景 | TB(0) | CM(2)

最近涙もろくなった訳

最近妙に涙もろくなってねー
悲しいドラマを見ては涙・・・感動のドキュメントを見ては涙・・・
この間なんか「ドリビアの泉」を見て泣いたんだよー。感動して!

雑種犬がご主人と散歩中にご主人の具合が悪くなった時、助けを呼びにいける犬が100匹中何匹いるかという統計採っていたんだけれど、残念ながら雑種犬の中にはおりこうさんなのが一匹もいなかったのよー。
そんでもって、訓練された犬はどうなのかお手本のVTRをみせてくれたの。そしたら、やっぱり違うね訓練された犬は!ちゃんと自宅に戻ってご主人の奥さんに知らせたんだよ。すばらしかった。グイグイ奥さんを引っぱってご主人のいる所へ連れてってさぁ~。エライ感動したよー。そこで涙なわけよ。感動の涙でございます

この頃感受性が豊になったのかな~なんて思ってたんだけど・・・
ある新聞の記事にこんなことが載ってたんよ。

「年を重ねてくると、脳内の感情を司る部分が老化してきて涙もろくなる。」だってー。
「それを、感受性が豊になったと錯覚しているのだ。」ですってー。
じゃぁただ単に 老化現象にすぎないって事じゃ~ん ショック
 


【 2006/01/24 (火) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(0)

Mr.押尾コータロー

押尾コータローさんにはまってます。

彼を初めて見たのは確か3年位前の夏のTV番組だったな~。
NHKの「夢・音楽館」ていう番組。桃井かおりさんがMCしてた頃に杏里さんとコータローさんがゲストで出演。杏里さんと「オリビアを聴きながら」をコータローさんのアレンジでコラボしたんです。もちろんコータローさんのソロもありました。曲は「SPLASH」。私、画面にクギ付け。(・_・)
「一つの曲を一人でしかも数人で弾いてるかのように弾いてしまうギタリストがいる」ってことをどっかで聞いたことあったけど、実際見てみると・・・
何?何なのこれ?どうやって弾いてるの?誰か陰でお手伝い演奏してるんじゃないの?と疑ってしまったよー。そのときはすごい人が出て来たなと、気になるアーティストぐらいで止まってたんだけど・・・

暫らくたったある日、車を運転中にFMラジオでクラッシック調のギター曲がかかってて、「どこかで聞いたことのある曲だなぁ」と思ったの。ちょうどその頃うちの娘がブラバンで演奏してた曲に似てるなーって。そしたら巷で流行ってるメロディがでてきたではないか。平原綾香ですよ。「ジュピター」ですよ。クラッシックではあの曲はホルスト作曲「惑星」の「木星」という組曲なんだけれど、ただ単に「平原綾香のジュピター」をカバーしたんじゃなくて、原曲の隠れた部分ををちゃんと演奏してくれてるのよー。演奏者はもちろん「押尾コータロー」さんでしたの。私は「えーっ!そこまでやってくれるの~?カンゲキ~」と宝物でも見つけたかようにウキウキしてしまいました。

もうこうなったら「興味=即実行」ですよ。次の日CDショップに行って彼の今までのCDを全部買いました。インディーズ時代のCDはなかったので注文しました。インターネットで彼に関することは何でも吸収しようとネットサーフィンですよ。

で今日にいたってる訳でございます。
書けばキリがないので、この続きはまたいつか。

昨年、「Panorama Ture」に行って来ました。その時のお話もまたあとで。


【 2006/01/23 (月) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(6)

。。。雪。。雪。。雪。。。

今期の冬は日本海側の雪がすっごいですねぇ!
特に北陸地方や北信越地方が豪雪で、まるで雪の壁に囲まれているようです。
私の住んでいる所も北国、もちろん雪が積もってます。
連日の降雪で、もう雪は勘弁してくれ~っ感じです。

今日も雪が断続的に降り積もって、何cmぐらいかしらー、そうだわねぇー
30㎝以上は降ったかなー?
そんな雪が降り続く中お買い物に出かけたんだけど、何せ田舎なもんで道路と路側との境目がわからないんだよね~(@_@) 全てが真っ白なんだもの。道路のどこを走ってるのか分からない。左を走ってるつもりなんだけど、真ん中?右?どこ?てな感じ。対向車が来て初めて自分の車の位置感覚がわかるんだよねー。まして日中なのにライトをつけて走らないと、あっぶねーあっぶねー。
普段走るときは、対向車なんて来ないほうが気が楽なんだけど、猛烈に降り続くときやブリザードのときなんか対向車さまさまよ。「ありがとう!対向車」ってな感じ。自分の車が後続車として走ってるときも、前の車が目印になるから楽なんだよね。「ありがとう!前の車さん」てな感じ。

とにかく雪道は神経使うって事です。
あっ、そうそう雪道は黄色のサングラスがいいって事聞いた事ある。
見えやすいんだって。でも黄色のサングラスってなんかちょっと・・・
偏見かもしれないけど、普段見慣れてないからかもしれないけど・・・
イヤラシイ感じするんだよなぁ~。(おっと失礼なことイッチャッター)
似合う似合わないは別として、機能重視と見る方は試して見る価値あるかも!

黄色のサングラス持っている人、ごめんなさい。失言しちゃった。(^_-)☆!


【 2006/01/22 (日) 】 季節 ・ 風景 | TB(0) | CM(2)

2006・1・21 ブログ記念日

以前からブログをやりたいなぁ~と思っていたけれど、
なかなか億劫でねー・・・でも今日思い切ってブログを立ち上げました。
だから、今日はマー姉さんのブログ記念日なのです。キャー~パチパチ(拍手

いざ、記事を書くとなると何から書いていいのやら、ドギマギしちゃって
なかなか先へ進まない。他の人たちのブログへコメント書いてるほうが
けっこう楽かも!(^^ゞ苦笑

さて、ブログ名にも「ちょっと休憩」とあるように、いろんな方たちが
立ち寄ってくれる場所になったらいいなぁ~。井戸端的な感じにネ。
のんびり、ゆっくりできるような空間になったら嬉しいな!

ブログを始めることで毎日が楽しくなりそうな予感だなぁ~
いろんな場面で「あっ、これブログにつかえるかもッ」な~んてね。
興味津々なことは即実行タイプの私ですから、毎日目がギンギンに
輝くかも・・・生きているうちは何でも挑戦さ~(沖縄弁ぽく)

まっ、三日坊主にならないように気をつけよっと (^_-)☆!

さてと、さっそくネタを仕入れないと・・・・・




【 2006/01/21 (土) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。