maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2009年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いざ、鎌倉!

先日、といっても1月16日(土)のことなんですが、神奈川県の鎌倉へ行って来ました。
翌17日が押尾コータローさんのファンクラブライブだったので一日早く上京し、
ある目的を果たすと同時に、ふらっと散策してきました。

実はですね、私が密かに応援している秋田出身のギタリスト「ジャズ界の貴公子、小沼ようすけくん」の
ママさんが、昨年鎌倉にCafe&Bar「tsuu」をオープンしたんですね。
小沼くん、2月13日のギタパラにゲスト出演されるし、以前にも押尾さんと何回か共演されてるし、
同じ専門学校の先輩後輩だし、私としては「押尾つながり・秋田つながり」ということで、ジャズの事は全く
分からないんですけれども応援しているんですね。
で、 小沼くんのブログにもママさんのお店ことが紹介されてましたので、鎌倉だったら横浜から近いし、
じゃ、行ってみるかってことで次女と二人で行って来たわけです。

場所は鎌倉駅東口から歩いて5分くらい。静かな住宅地にありました。
築100年の米蔵を改装したとのことで、外観も内装もとってもお洒落で存在感のあるお店でした。
このお店を紹介したブログがありましたので、ご参考までに載せときます。 こちら へどうぞ!


私たちが来店した時、ちょうどランチタイムだったので私はチキンカレーを、次女はポトフを注文。
ヘルシーでリーズナブルでとても美味しかったです。
今度はディナーに訪れてみたいなって思いました。
きっと小沼くんのジャズが流れるんだろうな~・・・。
ちなみに、ランチのBGMはクラシックでした!
まだオープンして日が浅いってこともあって、試行錯誤しながらやってますみたいな、
素人っぽいところがなんとも好感が持てました。

ママさんに、秋田から来たんです~、これこれこういう訳で・・・ってお話したら、とっても喜んでくださいました。
小沼くんのママさん、それはそれはキレイで気品があって、しかも気さく! 
生粋の秋田美人でございました~!
いろいろお話していく中で、ちょっと面白かったのは、
「うちの洋介はね~、話ベタでね~、押尾さんはお話が上手でいらっしゃるから、楽しいのよね~。」って。
押尾さんの話題もちらほら出てきましたよ!

帰りがけに、カウンターの上にお店のショップカードがあったので、
「明日、押尾さんのファンクラブでお会いするお友達に宣伝したいから、少し多めに頂いちゃっていいですか?」
って頼んで12~13枚くらいドバッと貰ってきました。
ママさん、ちょっとギョッとしちゃった感じも無きにしもあらずでしたが、「どーぞ、どーぞ、よろしくお願いね!」って。

また横浜に来たら寄らせてもらいますって一言添えて、お店を出ました!
そしたらママさん、お店の外まで出てきてお見送りしてくださいました~。
で、次女に一言。「夢が叶えられるように頑張ってね!」って。

もし、横浜や鎌倉に足を運ぶ事がありましたら、ぜひ訪ねてみてください!
押尾話もチラッと聞けるかもしれませんよ!
それになんと、店長さんのイケメンだこと! 
それもそのはず、小沼くんの弟さんなんですって!
ニヒルで、クールで、モデルさんぽくって、今どきの青年でございました!

さてと、お腹もパンパンに満たされた事でございまして、これじゃ太っちゃうって次女が言いますもんで
じゃ、お散歩しに行こうかってことで鶴岡八幡宮に足を延ばしました。
先ほどの閑静な住宅街とは打って変わって、メインストリートのこちらは人・人・人。
けっこう風が冷たくて寒かったんですけど、観光客がたくさんおりました。
実は、鎌倉には28年位前の夏に旦那様と一度来た事があるんですが、
歴史を感じさせる情緒ある空気感は今も昔も変ってないなって思いました。
あの時は、 北鎌倉駅で降りて鶴岡八幡宮まで 歩いて散策したんですよ!
途中、数ヶ所あるお寺に立寄ったりして鎌倉を満喫しました。
ただ、かなり歩いたので八幡宮に着いたときにはもうヘトヘトっていう記憶が残ってます。
当時の事を次女に話して聞かせたら、初めて聞く父と母の思い出話に興味を持ったらしく
昔はラブラブだったのね、意外だな~。ですって!(>_<)

こうやって昔歩いた思い出の地を再び訪ねてみるっていうのも、いいもんだなって思いました。
今度は旦那様と行ってみよっかな~!


表 裏
      ショップカード


ボリウムたっぷりのサラダ!  チキンカレー&ポトフ


鶴岡八幡宮の鳥居  大石段  静御前ゆかりの舞殿



PS. 次の日のコタパライブで押尾さんとのツーショット撮影までの間、
    私の席に近い女性の方とちょっと世間話をしました。
    そしたら、その方は横浜在住とのことでしたので、これ幸いと「tsuu」の宣伝をし、
    ショップカードを差し上げました。
    偶然にも鎌倉にお母さんを連れて行こうかなと思っていたとのこと。
    そしてまたまた偶然にも、そのお母さんが秋田の出身なんですって!
    押尾ファンクラブの集いなのに、小沼ようすけ君の宣伝をしてきちゃいまいましたが、
    なんかここでもまた、「押尾つながり・秋田つながり」という不思議な縁を感じてしまいました。

    たぶん今年の夏も、神奈川県の逗子海岸で「音霊ライブ」があると思うので
    もしそちらに参加した際には、ぜひ、鎌倉「tsuu」に立ち寄ってみてくださいね!


    今日は、小沼ようすけ応援隊に徹しちゃったmaaneeでありました!(^_-)-☆ 


スポンサーサイト
【 2010/01/30 (土) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(2)

「KOTAPA LIVE Vol.7」 DUO in 渋谷

1月17日(日) 渋谷DUO で行われた押尾コータローさんの
ファンクラブ限定ライブへ行って参りました。

ライブレポは Noriyaさんのところで、コタパライブ関係のブログを紹介してくださっているので
そちらを参考にしてみてください。 いわゆる丸投げっていうやつ!(笑)
セットリストやMCの内容も大体同じようですので、ここでは割愛しちゃいます!


で私は何を書くのかというと、ライブを通しての感想を思いつくまま綴っていこうかと思います。
自己中心的な感想なので、自己中心的に偏ってますので、通りすがり程度に読んでね!(^_^;)

それではいってみましょう。

1. 今回弾いてくれた曲は、ほとんどが エタチェンツアー で聞いてきた曲だったので、
   KOTAPAならではの選曲をして欲しかったなぁって思った。
   KOTAPAの特権みたいな、優越感に浸れるような貴重な演奏が聞きたかった。
   忙しい彼にそれを要求するのはちょっと酷なのかなぁ?

2. 今回も大阪2日間、名古屋1日、東京2日間、の計5公演だったんだけど、
   もう少し参加人数を減らしてツーショットの時、お話できる時間を増やして欲しい。
   ということは、会場をもっと全国に広めて欲しいってことでして。(^^ゞ
   でなければ、各会場の開催日数を増やすとか・・・。3days、2days、3daysとか?
   あるいは思い切って少人数制とか・・・。
   いや~ん、自分が抽選もれしたらショックやんか~。却下!?

3. 全体の構成は1部が5曲、2部が韓国公演のお宝映像とプレゼント大抽選会、
   3部が6曲(?)&アンコール。
   で、1曲目から「Snappy!」だったんだけど、気分的には終盤に向けて盛り上がりたい
   っていうのが正直なところで、できるならそういうノリノリ系は後半に入れてほしいなぁ。
   去年も初っ端から「HARD RAIN」だったので、ちょっと「えぇっ?」って感じだったし。
   KOTAPAの人たちって普段のツアーになると、率先して押尾さんを盛り上げたいっていう
   感情に駆られるっていうか、会場で応援したくなるのよね。
   でも限定ライブになると、なんていうのかな、コアなファンが集まってるわけだから、
   お互い少し遠慮してるような所もあるのかな、いつもよりおとなしい感じがするのよね。
   中にはじっくり曲を堪能したいっていう部分もあるだろうし。
   なので、盛り上がるエンジンも遅い感じがしたんだよなぁ・・・。
   普段ならここで、ばっと立ち上がって乗るんだけど、あれ、みんなどうしたの?
   っていう感じで、結局3部最後のHARDRAINまで我慢我慢でございました~。(^_^;)
   

   なんか、ここまではちょっと注文が多いですな~。
   でも、褒めてばかりがファンではないと思うので、時には辛口も・・・。(笑)



4. 押尾さんは、「TREASURE」の演奏になるといつもファンをいとおしむ様に隅々まで
   目を配ってくれる。ニコニコしながら1階席、2階席とあちこちを見てくれる。
   あの笑顔、たまりません!(*^_^*)

5. 「戦メリ」のとき、次第に取り憑かれたように演奏に没頭していた。
   ニコニコ顔の押尾さんもいいけど、ギター弾きに徹する姿を見るのも、私にとっては楽しみの1つ。
   クリスマスライブの時は、かなり不調だったという「戦メリ」だけど、今回のあの演奏を聞いたら
   逆にそのウワサの演奏がいかほどだったのか聞いてみたい気がする。
   それにしても、さすがコタパだ!
   じっくり聞かせる曲になると、フライング拍手をする人が全くいない。
   照明が消えるまで、じっくり演奏を堪能している。
   流石だ! やっぱ、限定ライブは違いまっせ!マナーをちゃんとわきまえていらっしゃる。
   欲を言えばなんだが・・・・・、できればもう1~2秒待って欲しいかなって感じ。
   もう少し余韻を楽しみたいかなって感じ。そこまでできたら Perfect!で Complete!
   そんでもって、割れんばかりの拍手を受けた押尾さんは大満足に違いない! 
   そんなわがまま言うなって? ハイ、すんません!(^^ゞ

6. 昨年のツアーを振り返ってのMCの時、「秋田」という言葉が数回出てきた。
   記憶が定かではないが、4回だったと思う。
   前日16日のコタパライブで、「秋田にも来てください!」って言われたとか・・・。
   ということは、私の近場にコタパ会員がいるということ。是非、コタ友になりたいわ!
   タッグを組んで、あちこちに宣伝して、秋田に押尾コータローを呼んでもらえるように
   働きかけたい!って思った。 もしこのブログを見ている秋田のコタパさんがいらしたら
   是非、コメントなり、左のメールフォームから連絡いただきたいです。
   実は私、ツアーの日程が発表になった時、「今年こそは絶対秋田に来てくれるはず」って
   思っていたので、その期待がもろくも崩れ去った時、かなりのショックを受けました!
   そのショックついでにコタパ会員サイトにメールしてやったんです。
   「ショックです! どうして秋田に来てくれないんですか? ショックです!」
   って泣きを入れてやりましたよ~!(笑)
   その事を押尾さんは頭の隅っこに入れておいてくれたのかなぁ?今日17日のコタパライブに
   秋田から参加してる人がいるって分かってて「秋田」を連呼してくれたんだろうか?
   そうであっても、無くても、押尾さんの頭の中には「秋田」って言う文字がINPUTされていたんだと
   思うと、嬉しくてたまらない。全くの思い込みだとしても、うれすぃ~~~!\(^o^)/
   「次回のツアーでは、絶対秋田に行くから待っててや~!」って言ってくれてるみたいで嬉しかった!
   信じて待ってるでぇ~!(笑)

7. これまで何回かCD以外の「Landscape」を聞いてきたけど、私の中では今回が一番良かったなぁ。
   10月3日の撮影隊が入ったフォーラムライブも良かったけど、それ以上だったと思う。
   今までCDとのギャップに散々言われてきた演奏も、これでチャラになった気がした。(笑)
   やればできるやん!! だったらもっと早くからやってぇ~!!(笑)
   コタ友のmimiさんによると、六本木でやったライブ演奏が一番よかったらしい。
   彼女曰く、
   「あのころちょうどPV撮影で何回も何回も弾いていたから、鍛えられていたんじゃないかな。」
   な~るほどぉ! さっすが~の分析です!(^^♪

8. ライブで聞くことのなかった「ハピネス」とガンダムの「永遠にアムロ」。
   貴重な演奏を聞かせていただきました!
   特に「ハピネス」は、私の中ではあのアルバムで上位にランクインする曲だし、
   是非生で聞いてみたかったから、森田くんが押尾さんに渡したギターを見た瞬間、
   キタ――――――ッ!って思いましたね~。(笑)
   15日の名古屋に参加された さくらうさぎさん も、涙を流して喜んだんじゃないかなって想像!(笑)

9. 「黄昏」・・・・・今回も持ってきましたね、この曲。
   根強い人気があるんでしょうね!
   でも途中で音が違って「?」って思ってしまった。
   ところがリピートしてまた同じ部分にくるとまた同じ間違いを・・・。
   初めて聞く人は、そういう曲なんだろうって思うだろうな、きっと。
   間違ったところを同じフレーズで弾くというテクニックは、間違いじゃないよって思わせるテクニック?
   それって、さすが~って言っていいの?それとも・・・。
   フォーラムライブでの「Earth Angel」もそうだった。
   ある部分で1つの音を抜かして弾いちゃったけど、同じフレーズにきたらやっぱり1音抜かしていた。
   そういうふうに弾いちゃう心理的な余裕が彼にはある、ってことかな。 
   ミスタッチをミスじゃないって思わせる「プロの技」って言っていいの?

10. MCについてなんだけど、ファンていうのはそのアーティスト自身のプライベートな昔話に
   興味をそそられるのは当然だよね? 私もその一人です。
   特に今回興味を持ったのは、押尾コータローが徐々に活動を広めていった経路。
   地元吹田のライブハウスから始まって、京都、奈良、和歌山、岡山、兵庫、そして東京吉祥寺・・・。
   私はそんなに毎回毎回押尾ライブへ行く事もできないし、押尾関連の雑誌とかも全部が全部
   持っているわけでもないので、今回の昔話は初めて聞くお話でした。
   そうやって自分がたどってきた道を、ファンにさりげなく話して聞かせるんだけれども、
   ここまで来るのにはかなりの苦労があったんだろうなってしみじみ思った。
   押尾さん自身そうやって振り返りながら、ファンに対する感謝の気持を噛み締めているんだろうな。

11. 第2部にプレゼント大抽選会っていうのがあるんだけど、いろいろある中でも目覚ましのプレゼント、
   押尾さんの声とギターでおこしてくれる録音付きの目覚ましね。
   参加された皆さんは、もし自分が当たったら何て録音してもらおうかなって、考えていたんじゃない?
   私もしかり、当然考えてましたよ~!(^^ゞ
   私の場合はまず、朝という言葉を入れたくないのね。
   だって必ずしも目覚ましは朝だけって限らないから・・・。(^^ゞ
   一発で目が覚めるようなジャカジャカ系でハイテンポ。もちろん名前を入れて。名前というより、
   「マー姉」でいい。 「起きろ~!」 「時間やで~!」 は必ず入れてもらう。
   とまぁ、条件はこんな感じかな。あとは「愛情込めて!」だな。 わがまますぎ? 条件ありすぎ?(笑)

12. 一番のメインプレゼントは何といっても「TAKAMINEギター」。
   参加された皆さん、特にギターを弾ける人は、もし自分にギターが当たったら何を弾こうかって
   思ってませんでした? 押尾さんとセッションするんですからね~。ワクワクしちゃいますよね。
   私もしかり、当然考えてましたよ~。(^^ゞ
   まともに弾けるのが、「風の詩」なのでこれが第1候補。
   せっかくグラスネイルしたんだから「DREAMING」、これ第2。
   なんとなく弾けるのが「家路」、これ第3。
   まるまる1曲全部となると長くなるから、かいつまんでショートバージョンで・・・な~んてね。
   もちろんセッションを想像しながら毎日練習していたってことは、ここだけの内緒!(笑)
   でも、残念ながら当たりませんでした~。(>_<)
   自分に当たらなくても、ライブ前にオフ会した誰かに当たって欲しかった!
   できれば ボンちゃん とか、 じょーじ君 に。
   この二人には押尾さんとのセッション、次回は是非実現してほしいなぁ。
   そのためには、まず、更新手続きを忘れないように!!(笑) 

13. ライブ後のお楽しみといったら、ご本人とのツーショット撮影でしょう。
   今回で3回目となるこの企画。コタパライブ一番の目玉といっても過言ではないでしょうね。
   ツーショット撮影についての押尾さん直々のアナウンスにも、皆さん慣れてきたせいか、
   3回目ともなると初回の時と比べると、女性陣の黄色い悲鳴は10:1の反応ってところかな?
   ところで今回私は、本物の押尾くんと是非一緒に写って欲しいものがあったので、それを密かに
   持ってきていました。クロスステッチの 「押尾くん」 です。
   自分の番が来た時、隠すようにして持っていた「押尾くん」をパッと出し、
   「これと一緒にお願いしますっ!」って言ったら、
   本物の押尾くん、「うわぁ~、すごいなぁこれ~!すごいっ!」って喜んでくれました!(^^)v
   そしてはれてスリーショット!
   その時なんだけど、今回の本物の押尾くん、前回・前々回より私の肩に乗せた大きな手に、
   心もち力が入っていた気がした。 なんかね、グッと引き寄せられた気がしたんだよ。(*^_^*)
   それと、頭と頭をコッツンコも・・・。 ピタッとグッとくっついて来てくれた気がしたんだよ。(*^_^*)
   と思いた~~い!(笑)
   ここまでくると、この妄想も病気だな!って オイオイ 笑うなよぉ~!
   ただ残念だったのは、余った私の左手。 (今年は押尾くんの立ち位置が左側だったんで。)
   その左手のやり場に困ってしまった・・・。
   あわよくば、前回のように押尾くんの背中にバッと回そうかと思ったけど・・・・・、
   あえて、やりませんでした。(^_^;)
   一瞬、チラッと、やっちゃおっかな~って暴挙心が芽生えましたけど、グッとこらえました。(エライ)
   腕の一部を押尾くんのジャケットにそっと触れる程度っていうか添えた程度にしました。
   って、やってるじゃん!って? いやいや、触れるか触れないか程度よ~。
   押尾くんも、「遠慮してんやな~。」って思ったことでしょう。きっと。(笑)
   で、わずか数秒のスリーショットも終わり、「これ、あとで事務所に送ります!」って伝え、
   プレゼントは後日ということに。
   撮影があまりにも流れ作業だったので、渡しちゃいけないのかなって思ったんで・・・。
   で、最後に「ありがとうございました!」って言ったら、「ありがとうね~。」ってにっこり押尾くん。
   もっと何か言って欲しそうだったけど、時間が~・・・。
   握手してくれた手が、なんとな~く名残り惜しそうに離れていった気がした。(陶酔)
   って、参加した女性陣はみ~んなそう思ったよね~。そう思い込みたいよね~。(笑)
   あんただけじゃないよ!ってパソコンの向こうで言ってる声が聞こえてきそ~。(袋叩き)
   という事で、DUOの外へと出てきたわけですが、既に撮影が終わった方々は写真の見せ合いっこ。
   中には私のスリーショット写真を見て「あ~これ・・・ブログ見てますよ~」って言ってくださった方も。
   お恥ずかしいやら、うれしいやらで・・・。(^_^;)
   お名前も存じ上げないのに、すぐお話ができてしまうっていうのもコタパのいいところですね。
   一緒にKOTAPA会報誌の「ギャラリーコーナー」に載った方とも、そこでばったりご対面しました♪
   
   ということで、楽しみにしていたライブも終わり、ライブ前にオフ会した皆さんとも、
   電車時間などの都合もあり、現地解散となりました。
   私は例の夜行バスで帰省予定だったので、まだまだ時間的に余裕あり。
   で~、私以外にもまだ時間が大丈夫なコタ友さん達と、ちょっと出待ちをする事に。

   そして、めでたくご本人とご対面を果たしました~!
   このチャンス、逃す手はない! そうそう、さっきのあれを渡さなくっちゃ!
   あの「押尾くん」を入れた白い箱の表面に、自分の名前とメッセージを急いで書きました。
   ところが名前を書いている時、何を血迷ったのか、危うく旦那様の名前を書くところだった私。
   あっぶね~、あっぶね~! ちょっとミスった字を消すものはない。
   えーい、しょうがない、黒く塗りつぶすしかない!
   結果、恐ろしく汚い字でめちゃくちゃ乱れてる。かなりあせった状態見え見え。(>_<)
   押尾さんが目の前にやってきた時、「さっき事務所に送りますって言いましたけど、今お渡しします!」
   って言って中身を見せて、手渡し完了! 
   あ~、やっと、私の念願が叶いました。(^^)v
   いつかきっと手渡しでプレゼントしたいって思っていた「押尾くん」。
   本物の押尾くんのもとへと、旅立って行きました~♪
   「可愛がってもらうんだよ~。」って、心の中でつぶやきました!(笑)

   そして、押尾さんを乗せた黒い車がDUOの前を出発。
   その車が見えなくなるまで、手を振ってお見送りしました。
   東京渋谷の夜はとても寒かった。
   かじかむ手を、あったかくて柔らかくそっと包んでくれた押尾さんの手の感触と
   あの笑顔を思い出しながら私もDUOを後にしました~。。。。。





  ということで、またまた長くなってしまいましたね。(>_<)
  今回はライブレポという形ではなくて、私の心模様をお伝えしました。
  毎度、自己中ですんません。(^_^;)

  コタパライブはツアーと違って、押尾さんもリラックスしてるし、身内感覚です。
  なにせギターを持たない彼を見ることができるのが、コタパの特権かもしれません。(笑)
  試しに、コタパとして中を覗いてみませんか? ぜったい損は致しませんよ!

  それに、今回はなんと男性陣の多い事!\(◎o◎)/! 去年から比べるとかなりの進歩です!
  ファンクラブは女性が多いからちょっとなぁ~・・・なんて言ってるのは、はるか昔の事。
  今じゃ男の人、うじゃうじゃいまっせ! ここは1ついかかでっか?旦那~!(笑) 

  とまぁ、勧誘はそれくらいにして・・・。(笑)




  最後に、私が一番印象的だったことを1つ。
  ライブの最後に深々と頭を下げてからゆっくりステージをはけるその時、
  押尾さんの目がうるんでいる。・・・ 泣いているっ!

  その場面が私の脳裏に焼きついています。
  感謝の涙って、美しいですね。 
  


  そして、私は心の中でお手紙を書いていました。
  


  押尾コータローさんへ!

   こちらこそ、心からありがとう!
   しっかりついて行くからね。生きてる限り、どこまでも・・・。
   だから、ぐいぐい引っぱって行ってな~!

             あなたのファン、maaneeより!(^_-)-☆



  

【 2010/01/20 (水) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(14)

買っちゃいました!

ついに、買ってしまった!

何を?

あれですよ、あれ!

見てみる?


  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
【 2010/01/11 (月) 】 Guitar ギター  | TB(0) | CM(4)

弾き初め!(^^ゞ

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。m(__)m

さてさて、皆さん、どんなお正月をお迎えですか?

ギター、弾いてますか? 押尾ってますか?(笑)

私? もちろん押尾ってます。(笑)



っていうわたくし、元日に実家へ行ってきました。

実家では、3人の姪達がそれぞれのパートナーと子どもを連れて帰省してまして

それはそれは活気に満ち溢れ、賑わっておりました!

しゃぶしゃぶをしたり、焼肉をしたり、おいしいビールを飲んだり・・・。

そうこうしていると何を血迷ったか、うちの旦那さん・・・。

「せっかくだから、押尾コータローを披露したらいいんじゃね?」と言い出し・・・。

皆の衆・・・・・パチパチパチパチ~。

「ちょっと、ちょっとぉ~、何言い出すんだよ! 」

皆の衆・・・・・いいじゃんいいじゃ~ん。



というモロモロの成り行きで、弾かなければならない空気になりまして・・・。

でも実家にはエレキはあるけどアコギがないので、「エレキでなんか弾けないよ!」って言ったら

兄が、セミアコならあるよ!とかなんとか言って出してきたのが、エレキのようなアコギのような・・・。

見た目はエレキのような感じなんだけど、厚みがちょうどアコギの半分位あって、空洞があるやつ。

丸いサウンドホールじゃなくって、F字のような隙間が両側に2つあるやつ。

見たことあるけど、なんていうタイプのギターか分かりませんが、そいつになにやらラインを繋げ始め・・・。

ジャラ~ンとやったら、お~、音が出た!あたりまえか! (ちょっと感動)

(でも) なんだ、結局エレキじゃん!(笑)

で、ぽろぽろ気ままに弾き始めたのが、

風の詩、家路、Indigo、君がくれた、DREAMING。果敢にも、あのギターでネイルアタックしてしまいました!(笑)

それに合わせて兄がキーボードで適当にBGM。

兄にしてみれば初めて聞いた押尾曲、しかもヘタッピ演奏だからやりづらかったかも。

でもなんかいい感じでセッション?できました~。(笑)

途中途中でつまづきましたが、本番前の練習って感じで弾いてましたので、

誰も真剣に聞いてなかったというのが有難かった!(笑)

それにしても、セッション、気持いいものですね!

「セッション」ていうより、伴奏をつけてもらったっていう程度なんですけどね。(^^ゞ


同じセッションでも、あの年末の「ギター三昧」のときは、ホントに嬉しかったです。

メールを読まれて嬉しかったのはもちろんですが、一緒に弾いていたときの幸せ感!

押尾さんと田中のアッキーくんと、ラジオ越しではありましたが生で一緒に弾いたという幸せ感!

自分で言うのもなんですが、3人だけの世界をあの時感じてしまいました!

そういう意味では、ラジオっていいですね!(笑)

リスナーの中で私みたいに一緒に弾いた方は、絶対同じ気持を味わったんじゃないかな?



ということで新年早々、「押尾曲弾き初めセッション!」 してきましたってお話でした!(笑)


で、実家にあるセミアコに似た画像がネットにありましたので参考までに載せときます。

下のURLに行ってみてね!(^_-)-☆


http://www.j-guitar.com/ha/hajime/haji_aco2.html#arch

http://www.j-guitar.com/ha/hajime/haji_ele2.html#semi


【 2010/01/03 (日) 】 Guitar ギター  | TB(0) | CM(8)
プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。