maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

木もれ陽・・・なかなか進展せず!(>_<)

押尾曲2曲目に挑戦して数週間たちますが、なかなか、はかどりません。
「風の詩」 のときはやる気満々でしたのに。 気合の入れ方が今一弱いせいかしら?
ただ、前回はDVDという強い味方がありましたので、心強かったことは確かでした!
「木もれ陽」 は暗中模索といったところかな・・・(ーー;)
なかなか指の動きをのみ込めないのです。 集中力が弱ってる?って感じです。
でも日頃のモットーであります 『細く長くコツコツと!』 精神でがんばりますッ!p(^^)q!

PS.エリクサー弦ですが、第4弦のちょうど親指があたるところが、
   毛羽立ってきました。これってnanoコートがとれてきたってこと?・・・なんでだろ?
【 2006/11/02 (木) 】 Guitar ギター  | TB(0) | CM(12)
ギタリーマン、参上しました。
「木もれ陽」なかなかですか、まあ、「そんなに簡単に弾かれては困ります」と押尾さんもおっしゃってますからね(^^♪
ゆっくり、気長に、です。
ちなみに、「風の詩」はDVDが参考になったとは思いますが、「風の詩」が弾けるということは、DVDなしでもだいぶ押さえ方は分かるようになっているのではないかと思います。時間をかければ弾けることを信じて、コツコツ、です。
それからエリクサー弦ですが、そうですね、そろそろ1ヶ月ぐらいですか?
そのぐらいでケバだってきます。よく練習している証拠でもあります。
ですが、そこからの耐久が並ではありません。見栄えを気にしなければ、音質はほとんど変わりませんし、まだまだ使えると思いますよ。
【 2006/11/02 (木) 】 編集
4弦に親指当たるっけか?
「木もれ陽」はなかなか苦戦されているようですね。
基礎的な部分が重要かもしれませんよ。
基礎的な「コード」ですね。
CDEFGABのコード、それに加え各m、7th、#、♭、m7thは最低限の知識としてすんなり押さえられる様にしておいたほうがいいと思います。
この曲も基本的なコードが元になっていますから。
Am7、C、G、Fとかね。
そのへんをしっかり抑えておくとこの曲はかなり弾きやすい方だと思いますよ。
C#m7と言われたらすぐに押さえられるようにしましょう。
それからもう一度この曲の楽譜を見ると…。
弾けるようになってんじゃん!?


【 2006/11/02 (木) 】 編集
ギタリーマンさんへ!
こんばんは!
毛羽立ちはそんなに気にしなくてもいいんですね~!(^^) よかった!
でも音がなんとなく安っぽくなってきたような感じが・・・・・ただ単に下手なだけかな?
押尾さんの曲って、左の親指を使うときが多い感じがするのですが、間違ってる?
でも親指を使うと、ラクですね!(^^♪
それと、チューナーでちゃんとチューニングしても、カポを使うと狂ってる音が時々するのはどうしてなんでしょう?
カポ無しのときから狂ってるって事かしら? 変ですね~!(^^ゞ
【 2006/11/03 (金) 】 編集
ごんちゃんへ!
こんばんは!
「基礎的なコード」ですね!
mとか7とか#とかthなんて付いちゃうと、ちんぷんかんぷんです。 (◎o◎)!
基礎をしっかりやらないうちに、押尾曲に取り掛かっちゃたので、
余計に苦戦しているのだと思います。
何事も基礎が大事ですね。その点を忘れてました~。 (^^ゞ
ちょっと基礎に戻ってやってみようかと思います。
的確なアドバイスありがとう! サンキュッ! (^_-)-☆
【 2006/11/03 (金) 】 編集
提案!!
先に発表会の日を決めるのはどう???
そしたらやる気UP間違い無し!
【 2006/11/03 (金) 】 編集
あきさんへ!
そう、それそれ!
前回と同様に 「発表会」 を考えたんですけれど・・・・・
なんて言うんでしょうかねぇ~。。。。。
「秋」 という季節のせいかしらね~。。。。。
ギターの難しさにつまづいている今日この頃です! 
【 2006/11/03 (金) 】 編集
ギタリーマン、参上しました。
追伸です。
エリクサーはたぶんそんなに簡単に劣化はしませんが、いまさら言っておくと、練習が終わったら弦を乾いた布で拭いてからしまったほうがいいですよ。
弦は金属なのでやはり錆びやすく、コーティングとはいっても、拭くだけでだいぶ持ちが違います。
それから、チューニングしてからカポをすると、その圧力で微妙にチューニングは狂うものみたいです。
ですので、カポをつけてからもう一度チューニングして、軽くカポを緩めてからもう一度つけると綺麗に響くようになるようです、僕の経験では。
【 2006/11/04 (土) 】 編集
こんばんは!
木もれ陽は、押尾さんの曲の中で特に大好きな曲ですe-266
でも、とても難しいのでしょうね。
私も編み物を「細く長くコツコツと!」頑張りますので、
maaneeさんもギターレッスンを関西風に言うと「ぼちぼち」頑張って下さいね!
p(*^-^*)q
【 2006/11/04 (土) 】 編集
ギタリーマンさんへ!
こんばんは!
カポをつけたときのチューニング、おっしゃるようにやってみました。
very good な感じでした~。ありがとうございますぅ!
それと練習後のお手入れですが、
練習したという満足感だけで何もしてませんでした。
もう少しギター本人のこともお世話してあげないといけませんね!
【 2006/11/05 (日) 】 編集
メグさんへ!
こんばんは~!
関西では、コツコツのことを “ぼちぼち” と言うんですね~!
なんかかわいらしい響きですね!
編み物もギターも根気の要るもののようですから、
ぼとぼち頑張りましょう!(^_-)-☆
【 2006/11/05 (日) 】 編集
「コツコツ」と「ぼちぼち」
う~ん?ちょっぴりニュアンスが違うかもしれません・・・(;^_^A アセアセ・・・
ゆっくりとマイペースでって意味になるかな。
「コツコツ」よりちょっと気を抜いた感じ。(笑)
【 2006/11/09 (木) 】 編集
メグさんへ!
関西弁は難しいですね~!
でもニュアンスはなんとなくわかります。
「もうかりまっか?」
「ぼちぼちでんな~!」
という挨拶がありますよね。そういう感じでしょうかね。

押尾さんを知る前は、関西弁はなんとなく抵抗感がありまして・・・
ヤーさんのイメージが強くて、怖い感じがしてました。
でも、押尾さんが大阪出身と聞いて・・・
いっぺんに親近感が沸きました。
なんて、単純なんでしょ、私って。
笑ってやってください!(^^ゞ
【 2006/11/10 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。