maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私のファイナル 「押尾コータロー コンサートツアー2008 Nature Spirit 」 - ③

それでは引きつづき、Part3、いってみましょう。

ここから先は ネタばれあります! ので、注意してください!
自己責任ですからね~・・・当方は責任持ちませんので、あしからず!
ノークレーム、ノーリターンでお願いします。おっとノーリターンは余計でした!(^^ゞ

なお、MC等は、 “ 確かこういう内容だったよね!”  程度のものです。
一言一句同じではありませんので、その点のツッコミもなしということで!(^_-)-☆

さて、オアシスが終って深々と一礼したコータローくん。
次から第2部が始るよ~というコータローくんの暗黙のメッセージも受け取りました。
さぁ、「静」 から 「動」 に一気に行っちゃいますか~!って1人ウキウキしてました。

PEACE!
イントロが始り、さぁ、みんな立って盛り上ろう~と思って立つ準備をしたら・・・・・。
あれ? 誰も立つ気配がありません。?????
あれ? みんな、どうしちゃったの? ????
仙台ではここからが怒涛のごとく一気に突き進んだのに・・・・あれ?
すかさず、お隣に座っていたコタ友さんに聞きました。

私 ・・・ 4月のフォーラムでは、立たなかったの?

友 ・・・ そうなのよ~!(>_<) 2日間ともそうだったの!

私 ・・・ え゛~っ! うっそ~! じゃぁ、どこで立ったの?

友 ・・・ Bigよ、Big!

私 ・・・ え゛~っ! ・・・・ (-_-;)

東京だからって、必ずしもどこよりも盛り上がるっていうわけではないんですね。
1500人というデカイ会場だし完売したのも早かったので、これは盛り上るだろうと予測したんですが・・・
チョッと語弊があるかもしれませんが、東京会場は “Ladies&Gentleman” って言う印象でした。
率直に申し上げると、なんとなくクールな感じですかね。
たぶん、あそこで私が先頭をきって立ち上がったとしても、 「ちょっと~、見えませんけど・・・(--;)」 で
撃沈したかも知れません。そういう雰囲気が無きにしもあらずでした。ちょっとショックだったな~。(>_<)

Buzzer Beater
このときの照明、カッコよかった~!
赤と青のライトがコータローくんの足元からお顔に向かって交互に点滅。 刺激的!
コータローくんも、リズムに合わせカッコよくポーズを決めながら弾いています。
あのときのコータローくんて、目がチカチカしないのかな? なんて余計な心配も。
そしてステージ天井から何やら金属製のオブジェが5~6枚、スラ~っと下がってきました。
あれは一体何を意味するものなんでしょう? 葉っぱ? なんだろ? わかんない!
それでも、やっぱり客席は立ち上がろうとしません。 
みんなウズウズしてるくせにぃ~。お尻痛いの我慢してるんじゃないのぉ~? 
って、思っている私なんですが、やっぱり、先頭をきって立ち上がる勇気ありませんでした。(>_<)

Big Blue Ocean
きたきた、この曲。 待ってました~!
私にしてみれば、エンジンかかるの遅いよ~みんな~。という感じ。
だって、ウェーブやるのにまた座んなきゃいけないジャン。
心なしかコータローさんも皆が立ち上がるのを待ってた感じがします。
ここの会場は3階席まであるので、どういう感じでウェーブになってるのかな?
ステージからはどういう感じに写ってるんでしょう?去年は練習の時間がありましたからね。
まして今回は右へ行って、はい今度左、じゃぁ往復いくで~!で3パターンをやりました。
コータローさんも すばらしい!って叫んでましたので、きっときれいだったに違いありませんね。

Rushin’
もうここまで来ると、わたしも、コータローくんが何をお話したのかあまりよく覚えていません。
たしか次のような意味のことを言ってた気がします。

 夢を持つのは若い人ばかりじゃありません。歳をとってもいくつになっても夢を持っていいと思います。
 いつまでも夢を持ち続けて、それに向かって駆けている人を僕は大好きで~す。 (拍手喝采)

そう、そうなんだよね! 私も、自分のあの夢を叶えたいって思いました。
コータローくんにポンって背中を押された気がしました。 私の内に秘めた夢、叶えたいです。



――― ENCORE ―――

さぁて、どこから出てくるのかな、興味津々。どこから? どこから? どこから~?
誰もステージ側を見ている人なんていません。あっちこっちキョロキョロです。
たぶんこのアンコールの手拍子を聞きながら、コータローくんは時間との戦いをしている事でしょう。
かるく汗を拭き、お色直しをし、ギターを背負い、マイクをつけ、あそこのドアに向かって猛ダッシュ!
呼吸を整え、スタッフがドアをあけたその先には・・・・・・・・3階席のお客さんがいらっしゃいま~す!
真っ赤なシャツに着替え、ダンコロを弾きながら入ってくると、3階席のお客さんは大感激で大興奮。
こちらの1階席からは見えませんが、かなりうれしそうな悲鳴が聞こえてきます。
一通り3階席を回り終えると、一旦ドアの外へでて2階席へ向かっている様子。
走ってるだろうな~。呼吸は大丈夫かな?
そして、2階席。今回の2階席のお客さん、パワーがすごかった!
コール&レスポンスのあの声の調子がすごかったです! 
2階席すごいね~って、コタ友さんとも話したくらいですから。
ここが俺達私達の2階席だ~!っていう連帯感みたいなものを感じました。
そして、2階席を練り歩きながらも、1階席の皆をチラ見するコータローくん。
1階席も忘れてないよ~っていう感じで、チラチラ見てくれます。そういうところがまた嬉しいですね~。
そしていよいよ待ってました!1階席へ。

1階席のどのへんからでてくるのかしら? これまた興味津々。 どこ?どこ?どこ~?
って言ってたら、コタ友さん、

 ステージ寄りの客席近くで、スポットライトをスタンバイしているスタッフを見ると分かるわよ!
 そのライトが向けられた先にコータローくんが現れるのよ!

さっすが~! ライブを知り尽くしているコタ友さんはやっぱり違います。 感心してしまいました。
で、さっそくステージよりのスポットライトを見てみると、お~、やっぱりいたいた!
そのライトが照らすであろう矛先を見ると・・・・・ステージから客席を見たとき左側の一番奥のドアを
向いています。あ、あそこね!私の注目もそこへ1点集中!
案の定、コータローくん、そこから入ってきました~。で、通路の途中でエレキギターの押尾コータローを
弾きながら悩ましげにやってます。 (たぶん、悩ましかったであろう。実はよく見えませんでした。)
で、ぐるっと回ってこちら側へやってきます。
前方5列か6列目あたりで例のEmでアルペジオネタで会場の笑いを誘います。
Emで63231323のアルペジオをやっても、別にEmを押さえなくても音が同じっていうやつね。
6323っていうのは6弦とか3弦という弦のことですよ~。電話番号じゃないんですよ~。 (爆笑)
で、フォークギターの押尾コータローで、チャンピオン! そのチャンピオンを歌いながらこっちへやって来る。
きゃ~!きたきた~! すぐそこで谷村さんの 「ン、あっ~~~!」 をやってます。

すると、隣のコタ友さん、すかさず、「ライラライやって~~~っ!」

私もつられて「ライラライやって~~~っ!」

それじゃぁ皆さんつづきをやってくれますか~?

コタ  ライラ ライラ ライラ ライラ ライ~!
会場  ライラ ライラ ライラ ライラ ライ~!

コタ  ライラ ライラ ライラ ライラ ライ~!
会場  ライラ ライラ ライラ ライラ ライ~!

 (中略)

このチャンピオンが終わると、例のピックの進呈がありまして、受取ったのは前から5~6列あたりの
通路側の、きっとギター小僧に違いない若いお兄ちゃんでした。
ピックを手渡された瞬間、ゼロコンマ数秒のポカンとした空白があってから、
突然我に返って 「やった~!」って・・・・・・。
それはそれは喜んでおりました~。
きっとあの BOM(b)ちゃん (4月28日ピックもらった人) もそうだったんでしょうねぇ~!
コータローくんがあの青年にピックを手渡しする瞬間を、この目でバッチリ確認しました!
思い出すたびにあの瞬間はなぜかスローモーションになります。
決定的瞬間を目撃するときって、そうなるのかしら~?


で、次はドラムスの押尾コータローで、マーチングバンドの鼓笛隊!
これって、押し弾きのクイズの正解者を発表する時にやってた音ですよね。
こうやってやってたんだ~。まるでスネアドラムでしたね! 素晴らしい!
ドラムで行進するその姿もコミカルでとってもお茶目! (場内絶賛の大拍手)
で、今度は会場全体で みんなの声を聞かせてくださ~い!でコール&レスポンス。
例のヘ~イ、ヘイヘイヘ~イヘイ! だんだんヘ~~~~イの部分が長くなるやつね。
あんまり長くて私、ちょっとまちがっちゃいました。(^^ゞ

(記憶が定かでないので、中略)

で、もって、HARD RAIN
この曲が始ったら、コータローくんの両手をじっくり見てやろうと決めてましたが、
な~に、そんなの頭の中からすっかり消えてました~! 
コブシを上げてヘイ!ヘイ!をやらなくちゃいけなくって、燃えてました~!
楽しい時間の終わりが刻々と近づいている事も忘れ、没頭してました~!

HARD RAINが終ると、ギターを替えたコータローくんが、

どうぞ、皆さん、お座りください! (場内着席、シ~ンと静まり返る)
先ほど会場を回った時、みんなの笑顔が目の前にありました。みんなの笑顔が僕を迎えてくれる。
笑顔ってホントいいですね。人の気持ちを幸せにしてくれます。
僕はギターが好きで、ライブが好きで、こうやってステージに立つ事が大好きで・・・。
でも、最近思うんです。僕はみんなの笑顔を見るためにステージに立っているんだって。
60になっても、70になっても、80になっても、ずっとギターを弾き続けていきたい、
ライブをやっていきたいって、そう思っています。 (拍手喝采!)


スマイル
丁寧に、丁寧に、ホントに丁寧に、心を込めて弾く 「スマイル」
コータローさんが私達に感謝の気持ちを込めて弾いているって事が、ストレートに伝わってきました。
この曲の最後のほうになると、淋しいような、悲しいような、せつないような気持ちが湧いてきました。
私の今回のライブもこれで終ってしまうんだな~って思ったら、笑顔が半ベソに変わってました。
曲が終わり深々と一礼をし、ステージを右へ左へと挨拶にまわります。 (当然の如くスタンディングオベーション!)
「ありがとう~っ!」て私達に叫んで、何度も叫んで、名残惜しそうにステージ袖へと
消えていってしまいました。
そして終わりを告げるCDの 永遠の青い空 ・・・。

あ~ぁ、行っちゃった~、終っちゃった~・・・。 (ライブの最後に必ず出る私の決まり文句)。
ふと隣のコタ友さんを見たら、私の目から涙がどわ~っと出てきました。
「コタ友ちゃん (仮称) はいいわね~、明日もライブに参加できるし、その先もあるし、うらやましいよぉ・・・。」
そう言ってポロポロ泣いてしまいました。 
別に自分が参加できないから悔しいとかっていう意味で泣いたんじゃなくってよ! 
淋しかったんです。 祭りの後が・・・。
後の席のオジサン、変に思ったかな~? それとも・・・・

どう表現したらいいか分からない一抹の寂しさを抱えて、ホールを後にしました。
( そのとき感極まってウルウルしてしまい、翌日のご一行様のあの座席に座ってみるというアドベンチャーを
すっかり忘れてしまいました! )

ということで、私の 「押尾コータロー コンサートツアー2008 Nature Spirit 」 が
ついに終わってしまったのでした・・・。

が~、まだあるんです。続きが・・・

                        つづく・・・
【 2008/05/23 (金) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(4)
(/^ー^)/"""パチパチ
ここまで読んであの時の感動が・・・(T^T)ウッウッウッ

大作お疲れ・・・(・・。)ん?

>が~、まだあるんです。続きが・・・
d( ̄  ̄) ヾ(^o^;オイオイ・・・
まだあんのかよぉ~。(笑)

でも、この後の方が楽しみといやぁ、楽しみだなぁ~。
ここまでは、経験者はわかってるからねぇ。

ただ・・・
>翌日のご一行様のあの座席に座ってみるというアドベンチャーをすっかり忘れてしまいました!
減点3です。(^u^)プププ
【 2008/05/23 (金) 】 編集
のぶぞ~さんへ!
こんばんは!
最初はあまりにも疲れちゃって、何もする気がなかったんです。 これホント!
自分の記憶がなくならないうちにということで、少しずつ書き始めたら・・・
止まらなくなってしまいました~!(^^ゞ

例のアドベンチャー、達成できなくてとっても残念。(>_<)
気がついたときは、オフ会の真っ最中でした!(^^ゞ
【 2008/05/24 (土) 】 編集
大作レポートごくろうさまでした
超大作レポート、ごくろうさまでした。
maaneeさんの「思い入れ」の強さが伝わります(笑)

私、今回のツアーには参加できませんでしたが、maaneeさんのレポートを通して、コータローくんのあのお人柄やら、ひたむきなギタープレーやら、笑顔やら、・・・ライブ会場にいるかのように伝わってきました。

ありがとうございました。ほんっと好きですね~(笑)
【 2008/05/24 (土) 】 編集
kazuoguさんへ!
このレポート、自己満足の世界なんで、着いて行けないって思われるかもしれませんね!
あまり詳しく書くと、関係方面からお咎めが来るかなと思ったんですが、
kazuoguさんのように、やむを得ず参加できない人たちがたくさんいらっしゃると思うので
決行(笑)しました!
以前のライブでレポを書いたとき、通りすがりの方から、注意を促していても書くべきじゃないっていう
クレームを受けたんです。
そのときは、途中でその記事を閉鎖したんですけど、今回は強気で行きます!(爆笑)
でも、ちょっと内心ヒヤヒヤしてますけど・・・(^^ゞ

>「思い入れ」の強さが伝わります(笑)
>ほんっと好きですね~(笑)
私のように熱狂的なオバチャンはあの会場にかなりいたはず。
私はまだまだ序の口よ~! 上には上がいるんです! ヽ(^o^)丿
【 2008/05/24 (土) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。