maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 『三本木農業高校、馬術部』 見た!

うぅっ、うぅっ、・・・・・・・泣けた!

これが実話だというから、主人公の香苗ちゃんは彼女の人生において
何と素晴らしい経験をしたことか! 素晴らしいよ~、 香苗ちゃん!

本当は一緒に映画を見に行くはずだったんだけど、巨人阪神戦の誘惑に負けた旦那さん。
その旦那さんに映画の感想を聞かせるときも・・・・、
そして今日、会社で同僚の女の子にあらすじを教えるときも・・・、
それぞれのシーンが頭の中に浮かんできては、うるっと涙腺が緩んでしまうほど。
いい映画でした。見終わってしばらくした今でもじわじわと感動がやってきています。

今朝、出勤するとき 『君がくれた時間(とき)』 を聴いて行ったんですが、運転しながらウルウル。
押尾さんのファンだからという事を抜きにしても、感動する映画にまちがいないと思います。
内容に関しては、これから映画をご覧になる方もいると思うので割愛しますが、
差し支えない程度に感想を・・・。

・ まず、春夏秋冬の季節感があふれていて、長い時間をかけて作った映画だという事に
  敬意を表さずにはいられませんでした。
  特に三農の桜並木は圧巻! 秋田の角館の桜並木にもひけをとらないくらいでした。

・ 柳葉敏郎さん、わが秋田在住の俳優さんなんですが、顧問の先生になりきってました。
  映画の終盤で香苗にひとこと声をかけるシーンなんか、演技じゃなくてご自身の心の言葉のようにも。 

・ 「馬はペットでねぇっ!」 と先生が叫ぶシーンがあるんですが、そこに行きつくまでのいきさつ・・・。
  これにはなんともいえない刹那が。 
  非情な選択をせざるを得ない現実とそれに携わる人間の心の葛藤に、涙、涙。。。
  コスモと香苗のふれあいだけじゃないこのシーンが、映画のスパイスになってるかも。

・ コスモとモスカ(コスモの子ども)の親子愛、そして来るべきその時に号泣。
  これには泣かずにいられなかった。 うぅっ。。。

・ ついにコスモが香苗ちゃんに心を・・・・・・。 感動 !うぅっ。。。

・ 最後に鳴いたコスモのヒヒ~ンは、何をあらわしていたのかな?
  おめでとう・・・・? それとも・・・・。

・ この映画を盛り上げているのが、やっぱり押尾さんの 『君がくれた時間(とき)』。
  いいところで出てくるんだな~これがまた! オーケストラバージョン以外もよかったです!
  以前押尾さんが手がけた「船を降りたら彼女の島」の時は、 「木もれ陽」 がいたるところで入りすぎて、
  物語に集中できなかった記憶がありましたが(笑)、今回は効果的に使われてた感じがします。
  こういうのって監督のセンスなのかな~。 おっと、彼女の島の監督、ごめんなさい!
  それから、『君がくれた時間(とき)』 以外にもウクレレの曲があったんだけど、あれも押尾さんが
  作ったんでしょうかね? 映画最後に流れるクレジットで 「挿入曲」 を目を凝らして見たんだけど、
  わかりませんでした。 昨日TBCラジオのインタビューで「数曲作った」って言ってたのがそれかしら?
  誰か知っている人、います? 知ってたら教えてくださいね!

・ エンディングに流れるSTGMステゴマの 「この胸に・・・」。
  ウルウル感動したあと爽やかに流れる力強い曲が、香苗ちゃんの旅立ちを応援しているかのようでした。
  見終わったあと、うるうるだけじゃなくてスカッと締めくくってもらった気がしました。

・ それと、これはちょっとローカルなお話なんですけど・・・。
  この映画に秋田を見つけました! ギバちゃんではありませんよ、もっとちがうやつ!(^^♪
  こちらの地元人じゃないと分からない部分で・・・。
  実は、香苗ちゃんのお父さんが飲んでいた日本酒なんです。 コタツの上の1升瓶。
  私の目に間違いがなければ、あれは私の地元の隣街湯沢市のお酒なんですよ~!
  『三本木農業高校、馬術部』 のホームページのリンク集に “美酒爛漫” てあったので
  なんでかな?って思ってたらこういうことだったんですね。 なるほど!って感じです。
  ところで湯沢市はお水の美味しい街ですからお酒も美味しいんですよ! 
  それに湯沢市といったら、小野小町の出たところで有名です。
  お水が美味しい所は美人さんも多いということかな。
  実は私の次女、湯沢市の高校へ通ってます。これ、美人とは関係ないんですけど・・・。(^^ゞ
  話がそれちゃいましたね、スンマセン!(^^ゞ


・  まだまだ感想がありますが、また長くなりましたのでこのくらいにしておきます。
  まだ映画をご覧になっていない方は是非映画館に足を運んでください!
  


PS. この映画を観てわかったこと・・・。

    「人に映画の説明をしている最中、感極まって泣きそうになった映画は今回が初めて。」
  
【 2008/10/09 (木) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(2)
姉さまおつかれまさです。
うん、やっぱ、感動しましたか・・・
この映画は、「子供たちと見に行きたいなあ~」と、既に嫁の許可をとってあります。
「ほしちゃん絶対良いよ!普通の動物物ぢゃないよ!」
と、ラジオのディレクターからもお勧めございました。
秋田にも行きたくなっちゃうでしょうな。
今週は越谷ですが。。。

【 2008/10/09 (木) 】 編集
ほしさんへ!
こんばんは~!
実話という強みでしょうかしらね~。うるうるでした。
それに教育的な意義を感じた映画でした。
ぜひ小中高生には見て欲しい映画ですね。
【 2008/10/09 (木) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。