maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時にふっと考える。。。

押尾コータローに、ギターに、ブログに、日々楽しく過ごしている私ですが・・・。

先月、悲しい出来事がありました。
母方の従姉が心臓の病で急逝しました。 54歳でした。
従姉は美容院を経営しておりまして、私は30年近くお世話になりました。
私の頭の形、髪質、髪の毛の流れ方など、全て把握してくれてましたので
いつも安心してお任せしていました。
とても上品で、穏やかで、女優さんでいったら高橋恵子さんのような雰囲気の人でした。
あまりにも突然のことだったので、とてもショックでした。
これから誰に私の頭を預けたらいいのか・・・。
横浜にいる長女にお願いするにも遠すぎるし・・・。
でも本当のことを言うと、今となってはこの髪型も従姉の形見になってしまったのかと思うと
だれかれに触らせたくないような気もするんです。
しばらく伸び放題にして冥福を祈ろうかとも思ってます。

それから、今回の従姉の突然死をきっかけにいろんなことを考えました。
もし私が突然この世から消えてしまったら、家族はどうなるんだろうって。
どこに何があるのかとか、月々の支払や引落し、施設に預けている義母のことなどなど。
いつ何時、どんなことが起きるか分からない、起きても不思議ではない年齢になってきている事も事実。
少しずつ身の回りのことを娘や旦那さんに教えておかないとなぁって。
その時はその時だって家族は思ってるかもしれないけど・・・。
あとでドタバタするよりスンナリ引継ぎできるようにしておいた方が、家族の為だと思うし。
それとも、 「何から何までお母さんにまかせっきりだったから・・・、何もわかんない。」 って、
私が居なくなって初めて お母さんの偉大さ を感じてもらったほうがいいのかしら~?(笑)

な~んちゃって、明日にでも居なくなりそうなこと書いてますけど、
私は意地でも長生きしてやりたい!(笑)
できれば旦那さんより1秒でも長く!(爆)
なぜって、決まってるじゃないですか~! 
コータローLIFEに明け暮れるのさッ!\(^o^)/ ケッキョクハ、ソレカヨ!ッテイワナイデネ! (^^ゞ


ところでみなさんは、普段家の中のことを任せっきりにしている奥さんやお母さんの事、
あるいは旦那さんやお父さんの事、考えたことあります?

【 2008/11/03 (月) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(18)
 こんばんは、マー姉ちゃん。

 ボクも今や、すっかりシティボーイになってしまったとはいえ、東北の田舎町を、ある意味捨てて出てきて約20年が過ぎようとしているひとりです。

 『ある意味捨てて…』と書いたのは、実はボクは末っ子長男という環境で生まれ、後にも弟や、姉たちには婿養子さんも、いない境遇なうえ、更に、約10年前には、熟年離婚で別れたオヤジも実家には存在しないため、現実問題として、正式な男子は現在ボクひとりとなっていながらも、ボクはこうして東京に1人居るから…であります。

 
 それはもちろん、今回マー姉ちゃんが書いたようなことは、オヤジが居なくなるときーーーまぁ、あまり最初から居ませんでしたが…(笑)ーーー、そして、約7~8年前にお袋がボクの帰省中に実家で倒れ救急車を呼んだときや、そして更には、約20年もの間、独り暮らしをしているボク自身にも、何度か事故や病気で『このまま、死ぬかも知れないなぁ…』というような境遇もあったわけで、何度となくボクなりに考えてきたことでもあります。

 あまり考えたくはないことではありますが、やはり備えあっての…ことであって、いずれは避けて通れないことではあるので、機会がある度に実家のあらゆる重要な保存場所や関係連絡先はマメに知るようになりましたし、ボク自身に関しては、、、稼いだ金以外、なにも重要なものなどないので(笑)、こうして日々、ブログなどで『生きた証し』づくり…に精を出しているぐらいでしょうか(笑)

 あぁ、なんだか語ってしまった(笑)

 ということで、ギターでも弾こう♪

 
【 2008/11/03 (月) 】 編集
お悔やみ申し上げます。
ドキッ、でも、何かがあっても廻りは健やかで、穏やかに過ぎる事でしょう~
(と、お願いします)
【 2008/11/03 (月) 】 編集
\(^o^)/
>JOEさんへ!
JOEさんも都会生活を満喫していながらも、大事な事はチャンと考えてらっしゃるんですね~。
あまりそういうことは考えたくないんだけれども、
今回従姉の娘さんを見ていたら痛々しくってね~・・・。
うちの娘と同じくらいの年代なので、つい自分の家族と置き換えて
考えてしまったという事なんですけどね。
もし万が一の事があっても時間はドンドン過ぎていって、
なるようにしかならないんでしょうけど・・・。
家庭を切り盛りしてる側からすると、母親が家族のためにしている事を
少しでも知っててもらったほうが後々楽だという事でね。(^^ゞ
ふっと考えるわけですよ~。
やっぱ、歳だね!(^^ゞ


>Mookさんへ!
>何かがあっても廻りは健やかで、穏やかに過ぎる事でしょう。
そうであって欲しいんですけど・・・ね。
家の大蔵省(古ッ!)がいなくなってしまうのはやっぱり大変みたいです。
急逝でしたから、心づもりもへったくれもない訳ですよ。
長期にわたる病気で死期がわかっているというのとはちょっと違いますからね。
残された家族の 「どうしたらいいのか見当もつかなくって・・・」 という言葉が胸を突きました。

【 2008/11/03 (月) 】 編集
私は今カミさんがいなくなったらなーんにもできません!
料理もできないし、子供の病院の場所も知らないし・・・

逆に自分が居なくなっても誰も困らんなと。
まぁいつも居ないからすでに居ないのと一緒か(笑)
金銭的に自立しているカミさんなので困ることはないだろうなと考えるときがあり、無性に自分の存在する意味、価値を見出せなくなることがあります。
ま、そんなこと考えるのもすぐにばかばかしくなってやめちゃいますがねー(笑)
ときどき発作のように考えることがあります。
ん、あれ?なんか自分の愚痴言ってる気が・・・(爆)

>今となってはこの髪型も従姉の形見になってしまったのかと思うとだれかれに触らせたくないような気もするんです

気持ちが分かる気がします。
ご冥福をお祈りいたします。
【 2008/11/03 (月) 】 編集
姉サマこんばんわ。
生きている限り結論(終結)は「死」なんでしょうね(爆)

1、たとえ自分が死んでも、人の思い出のなかに生きれるようになりたい。だから、精一杯誰かのためにつくしたい。

1、家族とは「看取り、看取られるもの」
何を子供たちに、奥さんに、友人に残せるのか?僕が死ぬときには、家族の誰かに看取られたいものです。そのとき「ありがとう」と誰かが言ってくれたら、幸せな一生だったと実感すると思います。

なので、死への準備というよりも家族といかに楽しい思い出を創っていくかが重要ではないかと。

僕が急に死んだら・・・・
まず、横浜や草加への業務外出張が多かったことに驚くでしょうね~(激爆)あと、ギターの本数も。

で、後日「こいつこんなblogやってたんだ~」と、しみじみ。それも良いか・・
Youtubeの演奏も残ったり・・(爆)

あ、柄にもない~(笑)
ギターでも弾こう♪




【 2008/11/03 (月) 】 編集
母親を亡くして10年も過ぎます。

亡くなるまでに14年ほど入院してました。
オヤジもボクと同様の仕事で、丸一日帰って来ない勤務でしたので、子供の頃は母と弟と3人で暮らしていたイメージがあります。
実際、父の印象など少なかったです。

でも、母が入院してからというもの、
父は泊まりの仕事をしながら、当時中学生だったボクと小学生の弟を一生懸命育ててくれました。

ま、晩ご飯はカレーとカツと刺し身の繰り返しでしたが(爆)

その背中を見ている兄弟です。

自分の家族に何か起こった時には、
オヤジには負けまいと誓っているわけですが。

もし自分の身に何かと思うと、
思考が止まります。

まだまだ家族と離れたいとは思いませんし、ギターも弾き足りない(笑)

丸一日家を空けることの多いボクとしては、(仕事ですよっ!)せめて、かみさんが遊びに行きたいと思うときは快くいってらっしゃいというだけです。

なんせ、子供三匹犬二匹に猫一匹を普段1人で面倒みてるわけですから。

職業柄、ちょっと脱線してるかな。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
【 2008/11/03 (月) 】 編集
\(^o^)/
なんかワタクシ、とてつもなく難しいテーマを投げかけてしまったみたいで・・・・。
でも皆さんが日頃考えている事をここに書いてくださってとても嬉しいというか、
ギター弾いてるだけじゃない、やっぱり真面目な方々なのねって実感したといいますか・・・。
とにかく皆さんはやっぱり豊かな人生経験の持ち主なんだなって・・・。
たまに、こういうのもいいよね!(^^ゞ


>どんべえさんへ!
 >無性に自分の存在する意味、価値を見出せなくなることがあります。
 あら、何を言ってるんですか~!
 お子様がいらっしゃるじゃないですか~!
 どんべえさんが存在しているというだけで価値があるんですよ!
 どんべえさんがいたからお子様が生まれてきたのですからね。
 生押尾を見たら、この世に存在していてよかったってマジで思いますよ。(笑)


>★さんへ!
★さんのコメントを読んで、「ノルウェイの森」を思い出しました。
「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」という文章。
生きるっていう事は死をもひっくるめての「生きる」っていうことなのかな?
★さんの言う、「自分が死んでも、人の思い出のなかに生きれるようになりたい」
というのが究極なのかも!


>mas830さんへ!
 >もし自分の身に何かと思うと、 思考が止まります。
 そう、それなのよね~。
 ましてmas830さんのお子さんは小さくていらっしゃるからね~。
 そんなことを思ったら、何かあっちゃ困りますもんね。
 常日頃の体調チェックは怠らないようにしないと! 
 でもお酒の席で寝てしまうのは、体にはとてもいい事だと思います、よっ!(笑)

【 2008/11/04 (火) 】 編集
私はまだ嫁に行かず(行くあてもなく)実家暮らし。
母は専業主婦でいつも家にいて、なおかつ働き者なので、
私は家事は気が向いた時に手伝うくらいで、ほとんど手を出していませんでした。

そんな母が3年前に心臓の持病の手術のため、12日間入院しました。
普段から母のありがたみは分かっているつもりでしたが、やっぱりいざいないとなると、
どうしていいか分からず、心細くて途方に暮れてしまいました。
たった12日間でしたが、仕事の後、炊事・洗濯から、
最近弱ってきた婆ちゃんの面倒まで、やることが多すぎて毎日ヘトヘトに・・。
「こんな大変な事を母は毎日こなしていたのか!」と思うと、
改めて母の偉大さと、自分の無力さに気が付き、恥ずかしくなりました。

退院後、「心を入れ替えて、主婦業を覚えよう!」なんて思ったのですが、
喉もと過ぎれば・・・で、また最近、自分が疲れているとあまり手伝わなかったり、、
過去の教訓を忘れつつあります・・・(^_^;)

親もだいぶいい歳になってきたので、そろそろ先の事を考えて、
私もいい歳だし(爆)しっかりしなきゃなぁ‥、と思う今日この頃です。

が、今日も手伝いもそこそこに、ギターに夢中になるダメな娘です‥m(_ _)m

従妹の方のご冥福をお祈りいたします・・・。
【 2008/11/04 (火) 】 編集
m(__)m
maaneeさん、こんにちは。
記事読んでいましたがあまりにも深いことでいろいろ考えちゃうと
どうコメントしていいやらと小1時間どころか...
なので、コメント遅くなりました。m(__)m

>しばらく伸び放題にして冥福を祈ろうかとも思ってます。
もうそう想っただけで空の上から微笑んでくれてることでしょう。

さて、店先の掃除でもしてきます♪
【 2008/11/04 (火) 】 編集
もっともっとたくさんの人を綺麗にしてあげたかったでしょう・・
ご冥福をお祈りいたします。
【 2008/11/04 (火) 】 編集
私もふと考えるときがあります
maaneeさん、考え出すと大変です。
私は家のことすべて仕切っていますので私が突然この世から消えたら家族は路頭に迷います、絶対に。
私って何でも勝手に決めて自分が把握していればいいと思っているところがあるんです。
すごい悪妻・悪母なんですよね。
大事なこと、どこに何があるとかデータとして残しておこうかなと思ったりします。まだやっていませんが、最近の世の中を見ていると明日自分の身に何が起こっても不思議ではないですしね。

maaneeさんのブログを見てちょっと反省してしまいました。(今だけ!)
【 2008/11/04 (火) 】 編集
生きているということ
私もとても重たいテーマだったため考えてしまいました。
私自身がいなくなるということを考えるよりまだ主人の両親ともに健在なので、これから迎えるであろう別れを考えると時々胸が痛くなります。
今まで元気でいてくれたことを感謝しつつ、できるだけ気持ちよく長生きしてもらいたいと願わずにはいられません。     
離れて暮らしているのでほんとにもしものことがあった時は何もわからなくて途方にくれると思います。    
少しずつそうなったときの準備というのは必要なのでしょうね。でも今はそのことには目をつぶっていたいという気持のほうが強いのも事実です。
まだまだそんな甘えた幼い気持では自分のことは考えられないのは当たり前かあ~(笑)でも「死」ということを考えるとき一生懸命、自分の道を精一杯生きるということを忘れたくはありません。そうやって生きていたら、たとえ自分がいなくなってもその後は心配しなくても何とかなるかしらな~んてちょっと楽天的過ぎですかね。少し考えたことを書いてみました。
【 2008/11/04 (火) 】 編集
\(^o^)/
>sakiちゃんへ!
sakiちゃんのコメント、sakiちゃんのお母さんに教えてあげたいです。
コメントのように思っているだけでも親孝行なんですよ!
12日間の主婦業(笑)、いい経験しましたね。
と~っても長く感じた12日間だったでしょ?


>tamaraさんへ!
tamaraさんも私と同年代だから、身近な問題ですよね~?
私は最近、「来年の今頃はどうなってるんだろ・・・。生きてんのか自分?」ってよく思います。
人生の半分を過ごした今、残りの人生をあれこれ気にするお年頃になったってことでしょうね!(>_<)


>tenchoさんへ!
とっても上手な人だったんです。
私の長女も横浜で美容師してますが、もし都会から田舎に帰ってきたら
お弟子さんにしてもらって、センスある技術を伝授して欲しいと思ってたくらいでしたから。
残念です・・・。
【 2008/11/04 (火) 】 編集
\(^o^)/
いや~、まいっちゃったな~!ヽ(^o^)丿(うれしい悲鳴!)
何の気無しに書いた記事なんですけど・・・・。まさかこんなに反響があるとは・・・。
みなさん、真面目に応えてくだすって、うれしいです。
ありがとうございます!m(_ _)m

>さくらうさぎさんへ!
大概の家庭の奥さんは旦那様より強く(笑)、奥さんが主導権を握ってるんじゃないかしら?
うち、そうなのよ~!(爆)
わたしも、今回のことであれこれ考えてね~。
ノートにでも書いておいたほうがいいんじゃないかなって思いました。
とにかく突然いなくなることだけは・・・って思いますね。
せめて、お別れの言葉だけでもじっくり交わしたいです。(笑)


>mimiさんへ!
 >たとえ自分がいなくなってもその後は心配しなくても何とかなるかしら・・・
 たぶん、私の場合もそうなると思います。
 自分が思ってるほど家族はそうでもないんじゃないかと・・・。(^^ゞ
 ただ、今回のように突然の急逝というのは家族に大きい迷惑をかけることですからね~。
 ちょっと考えました~。(^^♪
 それと、いつ何時どうなるか分からない年齢に差し掛かっているということは
 以前から実感していることなんですよ、実は。
 なので、楽しめるんだったら今のうちにということで、コータロー漬けの日々なんです!(爆)
【 2008/11/04 (火) 】 編集
私も一昼夜考えてしまいましたが。。。
何を何とコメしてよいものやら。。。
昨夜は考え込んで眠れませんでした。(でも深刻に。ではないですよ(笑))
挙句に目覚めがが「コータローちゃんに何かあった!」的な夢でビックリして飛び起きてしまいました。(夢でよかった~(ToT)年内活動休止みたいな夢だった~~~ヤダー)

さて。
突然家族の誰かがいなくなるということは、それが誰であっても悲しいのはもちろん、大きな痛手であることは間違いないですよね。
私も未だに実家の母には精神的に支えられ、同居の義父母には生活面でかなり助けてもらっているので、覚悟はしているものの、時期はできる限り遅くであって欲しいと願わずにはいられません。
今こうして好き勝手ができるのも家族あってですし・・・。
私よりこまめで家事育児オールマイティなダンナ様には頭も上がりません。<(_ _)>感謝しております。

もし自分に何かあったら・・・ウチの場合、生活面で家族が困ることは多分ないですね(笑)
たとえダンナと息子だけが残されたとしても、たくましくやっていってくれると思います。
普段からほとんどいないし、いつもいないから、いてもいなくても大して変わらないハズ。。。と勝手に解釈(爆)

あとは自分の気持ち次第ではないかと。
悔いが残らぬよう日々精進あるのみです。

急逝された従姉さん。
きっとご自身が一番ショックを受けられているのではないかと想像してしまいます。
でも見たいのは家族が悲しむ姿ではなく、前向きに頑張っている姿じゃないでしょうか。
少なくとも自分なら、楽しく笑っている家族を空から眺めていたいです。
勝手なことを書いてしまいました。。。

心よりご冥福をお祈りいたします。

maaneeさんのおかげで、忘れかけていた感謝の気持ち。改めて思い返すことができました。
忙しいと忘れがちになっちゃうんですよね。
家族にもっとやさしくなりたい。と思います。
(このところコータローちゃん一筋で・・・家族は置き去り?!だったので。(爆))
maaneeさんにも感謝です。
ありがとうございました。<(_ _)>

【 2008/11/05 (水) 】 編集
Bellさんへ!
私のひょんな問いかけに皆さん真剣にコメントしてくださって、とてもありがたく思っています。
>maaneeさんのおかげで・・・
とまで言って頂いて、恐縮しております。(^^ゞ
 
今回のような不幸事はあまりあっては欲しくないことですが、
そのことがいろんな事を考えるキッカケにもなりました。
先々のことなんか気にしてられない、今を楽しく生きてりゃいいんだよ!
と思う生き方も有りかもしれませんが、たまにふっとほじくり出して考えてみることも
有りかなと・・・。その場限りじゃなくてね!

さてと、手始めに “ごみ収集日” を旦那様に教えておこうかな? (^^♪
【 2008/11/05 (水) 】 編集
( ̄ヘ ̄)ウーン
まずは、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

3昼夜考えましたが・・・

私も、時々考えます。
いい加減いい年ですしね。

で、いつも・・・、
アタフタするのもチョットの間だで、なんとかるのかなと・・・。
ただ、自分の身の回りと下着は綺麗にしておきたいなと・・・。

これに落ち着きます。
【 2008/11/06 (木) 】 編集
のぶさんへ!
>いい加減いい年ですしね。
そうなのよ! お年頃なのよね~!(笑)

>下着は綺麗にしておきたいなと・・・
同じ事、実家の父がよく言ってました。
いつなんどき病院に運ばれるときが来るかもしれないから
それだけはいつもキレイにしておかないとって。
見えないところがお洒落な人でした!(爆)
【 2008/11/06 (木) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。