maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっとクセになってます!

今日は押尾コータローさんのアルバム 『You&Me』 についてちょっとお話を。

このアルバム、聴き始めの頃は 「?」 と思った曲がどなたにもあったかと思います。
もちろん、全てがお気に入り!と思ってらっしゃる方もいるとは思いますが・・・。
私の場合、やっぱり押尾さんをエコヒイキしてしまう為か、押尾さんが陰に隠れてしまう曲は
「?」 となってしまうわけです。
でもなぜか聴き込んでくると、新たな発見といいますか、「なんかいいかも、この曲!」
と思えてくるのがまたなんとも不思議なんですよね~。

その筆頭が、「ブラックモンスター feat.守屋純子オーケストラ」。
最初この曲を聴いた時、いつの間にかコータローちゃんがいなくなってしまって、
あれ?コータローちゃんはどこ?どこ行っちゃったの?おトイレ?お~い!・・・・・。ってな感じ。
で、ジャズバンドがこれでもかと言わんばかりに賑わって、原曲の「ブラックモンスター」が
全く違ったよその曲になってしまって・・・。
そうこうしているうちに、いつの間にかまたひょっこりコータローちゃんが現れて・・・・。
みたいな感じで、な~んか不満だったんです!

ところが、なんかカッコいいんですよねこのアレンジ。すごく歯切れがよくって!
トランペットのぴぃ~んと張りつめたパンチの効いた音と、サックスのこれがジャズだぜ!っていう
ソロの部分なんかいいっすね~!サックス奏者の指使いが見えてきそうな感じがします。

で、サックスのソロは誰が演奏してるのかしらと思って、ライナーズノーツを見てみたんです。
そしたら、いろいろお名前が載ってはいるんですが、ソロが誰なのかはちょっとわかりません。
で、まっ、いっか~。と思ってオーケストラのメンバーに一応目を通していると・・・・。

  Drums : 大坂昌彦     とあるではありませんか! え~っ?! (◎o◎)!

この方はですね~、秋田出身のジャズドラマーなんです。 しかも、同じ町内の! 
といっても田舎の町内は広いんで、何処にご実家があるのかは不明。(^^ゞ
でもウチから5キロ以内に間違いないですけどね。
で、今までお名前は聞いたことがありましたけど演奏そのものは聴いた事がなくて、
今回初めて耳にしました。 
で、地元出身のミュージシャンがコータローちゃんのアルバムに参加してるとなると
にわかに彼のドラムに興味が湧いてきちゃって、何回もリピートですよ!
で、ドラムの音を拾って聴こうとするわけですよ!
すると、一日中頭の中をブラックモンスターが旋回する羽目になって、
とどのつまりは、クセになってしまった!という事なんです。

なんかね~、ちょっとしたことがキッカケで最初のイメージがガラッと変ってしまうもんなんですね。
でも正直に欲を言えば、もう少しコータローちゃんのギターの音が強く出てもいいと思ったんだけど。
っていうか、終盤のソロ部分はアコギじゃなくてエレキの音で聴いてみたかったな!

いずれにしても、守屋純子さんはすごいアレンジャーなんだなって思いました。
見た目は普通のオバサンぽい感じするんだけど・・・。(^^ゞ (って、おい、失礼だろが!)





【 2008/11/07 (金) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(6)
ふむふむ
私は「Here We Go!」に一票。
ソロバージョンが聴いてみたくて仕方ありません (^^♪
【 2008/11/07 (金) 】 編集
全体に
ギターの音は抑えられてますね(^^;y
ブラックは、まるでルパンⅢ世(激爆)。
個人的に、アコーディオンのパープルが好きです。

秋田県出身のドラマーですか!
ちょっと興味が(笑)。
【 2008/11/07 (金) 】 編集
ブラックモンスターのアレンジもカッコいいけど、
女性がバンドリーダーっていうのもカッコいいですねぇ!

私は、君がくれた時間と、A Wonderful Dayが お気に入りです。
でもこの2曲、日差しの伸びたこの季節に聴くと、何となく淋しげで。。。
Charとのセッション、Rushin'もホレボレします。
【 2008/11/07 (金) 】 編集
「You & Me」をi-Podに入れてくるのを忘れて出張に来ちゃったんですよ~。
おかげで全然聴き込めてない><
「押尾さんどこにおるん?」って曲があったのを思い出しましたよ。
きっと姉さんとおなじ曲で感じたんだろうな。
【 2008/11/07 (金) 】 編集
いずれにしても
With You にしてもRush inにしても
あの生意気なチャーと
上手く絡んでますし、聞けば聞く程
良い曲が増殖している様な気がしますね
【 2008/11/07 (金) 】 編集
\(^o^)/
やはり皆さんそれぞれの好みがあるみたいですね!
同じ曲でも、ある日ふと違った印象で耳に飛び込んでくるかもしれませんネ。


>Noriyaさんへ!
私も今回のアルバムで一番 「ヒュ~ッ!v-218」となった曲です。
ホントに人がやってるの?って驚いたし、何といっても曲がとっても気に入りました。
が~・・・・。
何回も聴いているうちに、な~んかツバが飛んできそうに感じてしまって。(>_<)
途中から全く曲調が変るところがありますよね、
その後の決して心地いいとはいえない音?というかなんというか、
ぺチャぺチャするやつ、あれがどうも苦手で。
なので、私も押尾さんのソロバージョンが聞きたいです。


>BOM(b)ちゃんへ!
cobaさんのアコーディオンいいですね~。
まるでイタリアンって感じですよね。
大人っぽくて哀愁があって色っぽい!(^^♪


>kokoさんへ!
「君がくれた時間」はすばらしいですよね~。
押尾さんのギターをジャマしないように、いつの間にか後ろからス~ッて
ストリングスが出てくるあたりなんか、たまりません。
木原の健ちゃんとは気兼ねした感じがなくて一番リラックスしてるみたい。
なので、余計に他のミュージシャンにはけっこう気を使ったんだろうな~
と思ってしまうのは私だけかな~?


>どんべえさんへ!
 >押尾さんどこにおるん?
 やっぱどんべえさんもそう思いましたか!  
 ちゃんといましたよ、よく聴いたら。(^^♪  でも影が薄い感じ?
 まるで守屋純子バンドのオリジナルな曲に、押尾さんがゲスト参加してるっていう、
 いわば反対の構図みたいで・・・。 
 そう思わせてしまう守屋さんのアレンジってすごいなと思いました!


>Mookさんへ!
 > あの生意気なチャーと
  あら、そうなんですか!チャーさんて。(笑)

 >聞けば聞く程良い曲が増殖している様な気がしますね。
  そうです、そうです、そうなんですよね~。

ただね~、1曲だけどうしても 「?」 がついたまま抜け出せないのがあるんです。
あの音を聴いていると、気持悪くなってきて・・・。 
ピッチがあってないあの曲です。 わかる?
これも好みの問題ということで・・・。(^^ゞ ユルシテ~。

【 2008/11/07 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。