maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「オペラ座の怪人」&「ファントム」

今ブロードウェイでミュージカル「オペラ座の怪人」がロングランを更新中らしい。
原作は、フランスのガストン・ルルーという人で1910年に発表した作品らしい。
その後1989年、原作を基に脚色しオペラ座に出没する以前の、「怪人」の生活に焦点を合わせた小説が出ている。それがスーザン・ケイの「ファントム(怪人)」。

私的には、「ファントム」が断然おもしろい。スーザン・ケイ女史の「オペラ座の怪人」に対する目の付け所がすばらしい作品。
原作の方は、ミステリー&スリラーが中心なんだけれど、後者の方は人間愛が語られているんだよねー。主人公エリックに関係のある人物達が語るオムニバス形式になっているから、とっても読みやすいし面白い。読み易いのは翻訳した方(北条元子さん)のおかげであることは言うまでもありませんが。

もしかしたら本当に「怪人」は存在したのかも・・・なんて思ってしまう。
いや、いて欲しいなぁ~。

「ファントム」によれば、怪人には子供がいたことになる。
となると、もし本当に怪人がいたのなら、怪人の子孫が現代にも存在している
可能性がある・・・かもね!

とにかく、ドラマチックなストーリーがお好きな方には「ファントム」がおすすめです。(^_-)☆!

両方読むのが一番お奨めなんだけど、だとしたら原作を先に次に「ファントム」を読んだ方がいいかもよ!




【 2006/01/27 (金) 】 雑記帳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。