maanee喫茶

 ホットひといき入れましょ! BGMはもちろんMr.押尾コータロー!                                                
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今頃ですが報告・・・ギタパラ2010へ行ってきました!

終わってみれば、なんと4時間と20分の長丁場。 
押尾さん、共演者の皆さん、スタッフの皆さん、そして観客の皆さん、お疲れ様でした!
いろんなジャンルのギターの音を楽しんできました。ホント、楽しかった!

出演者は、ホストの押尾コータローさん、木村大くん+弟の祐くん、植村花菜ちゃん、
小沼ようすけ君、DEPAPEPE、坂崎幸之助さん、そして・・・
スペシャルゲストとして 山崎まさよしさん。\(◎o◎)/!

ライブの模様は、既に坂崎さんやPEPAPEPEのファンの方がレポをアップしてくださってますので
参考にしてみてください! Noriyaさんのところで リンク張ってくれてますので飛んでみてね!
あれ?前にもこういうフレーズがありましたね! すっかり丸投げも板についてきました。(笑)

が~、私もサクッと感想を書いてみよっかな!


<オープニング>

  ギターを抱えて左袖からトコトコ登場した押尾さん。
  まず、ギタパラ2010を開催するにあたり、ご挨拶。


(押) ギタパラのお誘いをしたら、皆さん快く「押尾くんだったら行くよ、出るよ!」って
    二つ返事で引き受けてくれたんです。
    「ギャラいくら?」 なんていう人、誰一人としていないんです!
    と早くも笑いを。(笑)

「絆」
  ギターを通してつながっている絆、ということでご自身の「絆」を演奏。
  弾き終えたところで、ギターを肩からはずしマイクを手にもつ。
  ギターがないとしゃべれなくなるんですと言って、数秒だんまり。
  といった冗談を交えながら、しばしのおしゃべり。
  ギターを体から放すことがないので、ギターをマイクに換えた途端、
  どっちの手でマイクを持ったらいいか迷うそうで、右手に持つと左手をどうしたらいいのか、
  ポケットにズボッといれたらいいのか、それともちょこっと入れたらいいのか、
  とにかく落ち着かないのだとか。ギタリストは皆そうなんじゃないかと思いますとのこと。

  ホントその通りで、ギターがないとソワソワしちゃって、落ち着かない様子。
  マイクを持つ手とは反対の手がヒマそうでした。
  じゃぁ両方の手でマイク持ったらいいじゃんって思っちゃった。(笑)


  ま、押尾さんのことはそれくらいにしてと、パラダイスへといってみましょう。



<木村大くん>

「Spain」   
  クラシックギターといったらスペインであろうという事でソロで。

「リオ・アンチョ」  
  弟の祐くんとセッション。サビの部分はユニゾンで早弾き。
  すごすぎる!さすが兄弟、息もぴったんこ。
  祐くん、見た目は茶髪でロック少年ていう感じ。
  まだあどけなさが残る18歳なんですが、ギターを弾きだすと、
  さすが木村家の血筋、DNAがちゃんと引き継がれてるって感じでした。
 
「HOME」    
  大くんのオリジナルの1つ。
  大くん、今自分はクラシックの世界にいるんだけれども、
  僕も今この時代を生きているんだ!っていうあかしを残したいってことで
  オリジナルを作ったそうです。
  その曲を押尾さんとセッション。ガット弦と鉄弦、見事な調和でした。
  押尾さん、大くんをじっと見てアイコンタクト、ぞくぞくしてしまいます。
  あんなふうに見つめられたら、はじゅかしくて目を合わせることなんて、ムリっ!

  余談ですが、他のゲストさんたち曰く、このご兄弟が一番練習していたそうです。
  スペイン組って称されてました。練習の虫ということなんでしょうね。  
            


<植村花菜ちゃん>

「ミルクティー」  
  ちょっとハスキーで、伸びがあって、パンチのある歌声に圧倒されました。

「トイレの神様」  
  亡きおばあちゃんとの思い出を歌った曲を押尾さんと。
  泣けました。ボロボロ泣けた。心のこもった歌がストレートに胸に響いた。
  会場のあちこちで、涙を拭く光景がみられました。
  そばでじっと耳を傾け、花菜ちゃんの歌をいたわる様に奏でる押尾さんのギター。
  きっと花菜ちゃんも心強かったに違いない。
  歌が終わった後、場内しんみり、押尾さんもしんみり。
  会場のお客さんの頭の中には、それぞれのおばあちゃんのお顔が
  浮かんできたに違いない。 もしよろしかったら、歌詞だけでも 読んでみてください。

  ちなみに我が家のおばあちゃんは、「人参を食べると美人になる!」でした~!
  ところで花菜ちゃん、ギターがとても上手かった。
  セーハする手が美しかった。ちゃんと音もきれいに出てるし・・・。
  私もあんなふうに弾いてみたと思いました。うん、頑張る!(笑) 



<小沼ようすけ君>
  一番楽しみにしていたゲスト。
           
「Wind」    
   サーフィンで感じた風、を表現した曲。
  小沼くんのジャズはポップで身近な感じがします。
  ジャズというと敷居が高くて、とっつきにくいイメージなんだけど、
  小沼くんの出現でより身近に感じる事ができるようになったって、
  押尾さんも言ってました。

「 ?  」   
  イタリアに行ったとき、言葉は通じないけど音楽だったら感謝の気持を
  伝える事ができるという事で作った曲、を披露してくれました。
  今日の会場の皆さんに捧げますと言ってたような・・・。
  曲名はイタリア語だったかも・・・。

「 ?  」   
  押尾さんとセッション。ぽ~っとしちゃって曲名覚えてません。(>_<)
  確か、What's と Go と On ていう単語があった気がする。
  押尾さん、途中で しゃべりすギター やってました。
  何てしゃべってるのかと思ったら、「ギターパラダイス」ってクチパク。
  押尾ファンだけに受けてた感じが無きにしも非ず♪ 
           
  それにしても、小沼くんがギターを弾く時って、何であんなにもセクシーなんでしょ。
  弾きながら時折見せるハニカンだ柔和なお顔を見てると、ギターの音色がとても
  心地よく聞こえてくるんです。気持よさそうなお顔がオーラを出してました。
  コタ友さんが「まるで恋人に語りかけるみたいな表情でドキドキしちゃった」って。
  あのメンバーの中で唯一大人な感じのギターの音色。
  なんていうか、ジャズギターの音が際立ってた気がします。全く別物って感じでした。
  同じ秋田人として、私も鼻がたこうございました。
  「どうよ、我がようすけ君は!」って感じで。(笑) 



<DEPAPEPE>

「オーシャンズソング」 
  三浦くんと小沼くんにサーフィン繋がりがあったとは驚きでした。
  音霊ライブの時、楽屋で一緒に作ったという曲を披露してくれました。
  にわかグループ名は、押尾さん命名の「サーフィンズ」。
  途中、小沼くんのギターがエスコートし、三浦くんがサーフィンの小芝居を。
  会場内、大爆笑! 三浦くん、おもしろすぎ~!
             
「風」「フェイク」   
  お~、DEPAPEPEサウンド~! 爽やか~!
  トークも面白い。三浦くんがボケで徳岡さんがツッコミ役?
  徳岡さんの冷静で鋭い一刺しが、三浦くんをコロッと仕留めてしまうみたいな・・・。
  きっと彼らのライブも楽しいに違いないだろうな。今度行ってみたいと思いました。

「年末カウントダウン&時報&第九&FLOW」
  昨年末の「アコギ三昧」を再現してくれました。
  まさかここでやってくれるとは思ってもみなかったので、大感激!
  あの時ラジオの前にいた自分がラジオの中に入ってあの場面を目撃してる感じでした。
  このとき押尾さん、カウントダウンのどこで時報を入れるのか、しつこく確認。
  「4,3,2,1、の4で入るの? 3で入るの? 4? 」
  三浦くんが、「4で入ると1でピーってなるから、3です!」って言ってるのに
  「じゃ、4だよね?」ってチグハグ。 押尾さん、わざとボケてるの? たぶん天然!


  三浦くん、お客さんをDEPAPEPEのペースに引き込むのがとてもお上手。
  根強いファンがいるのも納得できます。



<山崎まさよしさん> 

「 ? 」  
  実は、わたくし、山崎さんの曲に関してはあまり良く分かりませんで。すんません。(>_<)
  でも、山崎さんの歌声を聞いて、プロの歌い手のすごさを実感しました。
  押尾さんも歌はお上手ですけど、やっぱ、本職は違いますね。
  花菜ちゃんもそうだったけど、腹の底から声がでてますもん。
  それからブルースハープっていう、いわゆるハーモニカを吹きながら
  ギターを弾いてしかも歌うっていう荒業、見てるだけでも難しそうでした。
  そういえば山崎さんて、何でも自分で演奏してしまうって聞いたことあるけど、
  オールランドプレーヤーって感じが演奏見てて伝わってきましたよ~。
        
「セロリ」  
  押尾プロデューサーと共に、セッション。
  本家本元の曲って、あんな感じだったのね。
  途中で早口でラップするところなんか、よく舌噛まないなって。(笑) 

「 ? 」  
  バンディエロっていうタンバリンのようなもので、押尾さんとブルースっぽく。
  山崎さんさり気なく親指の腹でバンディエロの縁を トゥルルルルルルル~って鳴らしてましたけど、
  あれ、けっこう難しいんですよ。指に湿り気がないと上手くいかないんです。
  なんで知ってるのって? へへ~、うん十年も前に吹奏楽部に入ってて
  パーカッション担当してましたの。(笑) 

        
  私、ここいらへんからお疲れモードに突入いたしまして、しかも酸素不足が災いし、
  つい、あくびが出てしまいました。 押尾さん、ゴメンナサイ!m(__)m
  押尾さんと山崎さんで何曲かセッションしてくれたんですけど、記憶が・・・。(笑)
  でも、「ララララ~・・・」って会場の皆さんと一緒に歌った事は覚えてます。
  押尾さんの前からスタンドマイクが方向転換しなかったので、
  きっとコリャ押尾さん歌うぞ!って思ってたら、やっぱ、歌った!(笑)

 
  余談ですが、山崎さんて、目の黒玉がデカイんですね~。
  俳優の唐沢寿明さんとちょっと似てません?
  ライブ中、誰かに似てるなってずっと思ってたんですけど、
  唐沢さんに落ち着きました!(笑)
       


<坂崎幸之助大先生!>  

「Musician」  
  つらくてもギターは捨てられない・・・って言う歌詞に、
  押尾さんもそうなんだろうなって、つい重ねてしまった。
  もしよろしかったら、 歌詞だけでも 読んでみてください。
 (検索の「ミ」をクリックしてMusicianという字のあるところをクリックしてみてね

「昼下がりの夢」「星空のディスタンス」
「ベンチャーズのテケテケサウンド」「ANJI」 その他もろもろ。
  ここから押尾さんをステージに呼び込んでセッションタイム。
  坂崎さん、いろんなネタをお持ちで、アルフィのメンバーについてや  
  ご自身のギターにまつわる昔話などなど、話が尽きる事がなく次から次と出てくる。
  50代の方々にはたまらない貴重なお話が、出るは出るは・・・。(笑)
  岡林信康さんや吉田拓郎さん、小室さん、はては昔のグループサウンズの話まで。
  うちの旦那さんがいたら身を乗り出していたかも知れません。
  若い方々には世代の違いもあって、「?」って思う部分もあったかも知れませんが、
  私としてはずっと聞いていたかったです。オールナイトでもいいくらい。(笑)
  坂崎さんのエンターティナーぶりは、押尾さんも見習うところが多かったかも。
  やっぱ、年の功ってところでしょうかね。(笑)
  このお二人さん、リハーサル時にはなかった曲をセッションしたそうで、
  スタッフが慌てたかも!って押尾さん言ってました。
  どの曲が予定外だったのか、私には分かりませんでした。
  急に曲が始まっても、すんなりセッション出来てしまうこのお二人、
  やっぱ、ただ者ではないって事なんですよね~。
  もっともっと予定外の曲をやって欲しかったなぁ。(笑)
  


<押尾コータロー>

「Earth Angel」
  自分で自分を紹介してステージへ。 ちょっと照れてましたね。
  共演者の皆さんとセッションして、ギターってやっぱええなぁ~と。
  ギターパラダイスをこれからもずっと続けていきたいと切に思ったとも。
  と、ここまではよかったのですが・・・。
  ここから「Earth Angel」に持っていくまでの繋ぎが、ちょっと強引?って思えた。
  あまりにも急に「地球を大事に」っていう話になるもんだから。(笑)
  ギターパラダイスなんだから、「楽園」でよかったんじゃないの?
  って思ったけど、TBS で他局番組のエンディングじゃ失礼ってことだったのかしら?
  あ、他局番組っていうのは、テレ朝の“旅の香り”っていう番組のことでありまして、
  「楽園」がエンディングテーマ曲。 大人の事情があるのかな?
  それにしても、今回の「Earth Angel」、なんか音がいつもと違ったなぁ。
  弦のせい?ギターのせい?音響機器のせい? よく分かりませんが・・・。
                    
「Big Blue Ocean」 
  やっぱ、やるのね?ウェ~ブ! 
  でもコタファン以外のお客さん乗ってくれるのかな?って心配しましたが、
  けっこう乗ってたみたいです。ホッ。。。
  っていうか、ここで立って正解でしたよ~。
  だって、もう、お尻が痛くて痛くて・・・。(笑)
  ブリッツのイスは硬くて長時間はキツイ。早く立ちたいって思いましたもん。 



<アンコール>   
        
  ステージに横一列にイスと譜面台がダーっと並べられました。
  みなさん、お色直しでギタパラTシャツ着てます。
  男性陣は緑、花菜ちゃんはピンク。あ、坂崎さんが受け狙いでピンク着てました。
  それがまたよくお似合いで・・・。(笑) (その影響で、つい私もピンク買っちゃった!) 


「上を向いて歩こう」 
  みんなが知ってる曲をやろうっていうことでこの曲にしました!とのこと。
  途中で各アーティストさんのソロパートがありました。
  歌い手さんは歌で、ギタリストさんはギターで。
  やっぱ小沼くんのソロは秀逸でした。飛びぬけてよかった。(ヒイキしすぎか?)
          
「ギターパラダイスの歌」 
  ギタ~パ~ラダイス♪ ギタ~パ~ラダイス♪ ギタ~~~パ~ラダイス♪
  会場3ブロックに分かれて3部合唱しました。いや~楽しかった~。
  お客さんが参加するライブってホント楽しいですよね。1つになれる感じで。
  けっこう長めの大合唱でした。延々と歌っていたかったです。
  久々に大声出して歌ってとっても気持が良かったです。
  ちなみに私は3ブロック目の高音パートでした♪


<エンディング>  

  ギタパラの歌が終わると、全員ステージギリギリまで出てきて、
  横一列に並んで手をつないで、会場にご挨拶。
  そしてみなさん、手を振ってステージを去っていきました~。
  押尾さん、ホスト役、本当にお疲れ様。
  楽しいあったかいステージをありがとう。
  4時間20分も同じ場所で同じ空気吸ってギターの音聞いて、
  たらふくご馳走になりました♪
           
  そして会場内には押尾さんの「DREAMING」が流れてきました。
  この曲が流れてきて、また幸せを感じてしまった。
  だって、いま練習中の曲だったから・・・。
  押尾さん、いいところをくすぐってくれますなぁ。(笑)


とうとう終わっちゃったけど、ギタパラってこんなに楽しいものだったのね。
これまでの2回分参加できなかった事がとても悔やまれました。
次回も絶対参加するぞと誓った私です。

それにしてもセッションする時の押尾さんの姿、なんとも素敵でした。
左肩をちょっと下げぎみにして、じっとお相手の方のほうを見ながら、アイコンタクトをしながら演奏。
自由自在にどうにでもセッションできてしまう才能はすごいなって思いました。
リハーサルしたとはいえ、全くリハーサルどおりではなく状況に応じて変えてるんでしょうね。
またまた惚れ直してしまった!(*^_^*)
そうそう、そういえば印象的なシーンがありました。
花菜ちゃんがギターソロするところがあったんですけど、押尾さんが心配そうにじっと見てたんです。
きっとソロ部分をレクチャーしてあげたんでしょうね。
先生が生徒を見守る感じでなんともほほえましかったです。
私もレクチャーしてもらいたいなぁ~って思いました~。
花菜ちゃんがうらやましい、を通り越してうらめしい!(笑)

さて、ギタパラで私の押尾ライブも一段落しました。
次はいつ参加できる事やら。
楽しみがなくなっちゃって、張り合いのない毎日になりそうだな。
いやいや、花菜ちゃんみたいにセーハの音がちゃんと出るように頑張らなくっちゃ。
とりあえず、「F」のある曲をやってみようかな。

そんな目標を持たせてくれた花菜ちゃんに・・・感謝!♪


おっと、サクッとのつもりが、ついダラダラと・・・。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

お疲れ様でした。(笑)

これに懲りず、また訪問してくださいね!

それでは、またね。 バ~イ! (^_-)-☆



PS. 今回のライブ、次女も参加しました。
    コタ友さんのコタ友さんがライブに参加できなくなったとのことで、
    めぐりめぐって私のところにお話が舞い込みました。
    これも押尾コータローの「絆」つながりなんでしょうね~。
    次女をさそったら、即決OK~!
    親子でライブを楽しむことが出来ました。
    泣く泣く参加できなかったコタ友さんに心からお礼申しあげます。
    ありがとうございました~。m(__)m
    
          
【 2010/02/20 (土) 】 Mr.押尾コータロー | TB(0) | CM(6)
またもや、熱のこもった、愛溢れるレポート、しっかり
読ませていただきました~。そんなライブって大阪じゃ
やってくれないですね~。

>What's と Go と On

ようすけ&コータローのセッションは、たぶんその単語
からすると、Marvin GayeのWhat's goin' onかな?

それにしても豪華ゲストですね~。坂崎幸之助との絡みが
一番興味あります(^。^)。
【 2010/02/20 (土) 】 編集
MASHさんへ!
> Marvin GayeのWhat's goin' onかな?

 はい、YouTubeで聞いてみたら、その曲でした~。
 さすが、MASHさん、なんでもご存知ね!

> 坂崎幸之助との絡みが 一番興味あります(^。^)。

 もう、最っ高に楽しかったです。Mr.生き字引って感じでした!(笑)
 坂崎さん、歌よりおしゃべりの時間が数倍長くて・・・。
 昔のことや業界のお話をもっともっと聞きたかったです。
 
【 2010/02/20 (土) 】 編集
姉さん、お待ちしてました!
ギタパラ楽しんでこられたようでよかったです(^O^☆♪
小沼ようすけさん、気になります。
機会があったら音楽聞いてみたいです。
【 2010/02/20 (土) 】 編集
Bellさんへ!
小沼くん、いいですよ~!
今回弾いてくれた「Wind」はYouTubeにもありますが
 http://www.youtube.com/watch?v=4wsaYkMtZcE
この曲が入っているアルバムにはDVDがついていて、押尾さんも出てきますよ!

ジャズはあまり良くわかんないけど、雰囲気がとてもいいんです。
ギタパラのようすけ君、ワンランク上って感じがしました!(ほめすぎか?爆)
【 2010/02/21 (日) 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2010/02/21 (日) 】 編集
匿名さんへ!
はじめまして!コメントありがとうございます。

ギタパラ、楽しかったですよね~。
前回、前々回と、行きそびれたことが本当に悔しいですよね。
次回のギタパラにお互い参加できたら、会場でお目にかかりましょう!
その時はよろしく~!i-236
【 2010/02/21 (日) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

maanee (マー姉)

Author:maanee (マー姉)
・興味を持ったら即トライ派
・Mr.押尾コータローにホの字
・ネコ大好き
・たまにミサンガづくり
・たまにクロスステッチ
・たまに編み物
・初めてのワンちゃんに悪戦苦闘

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
記事の内容と関係のないものは管理人の 判断により削除する事があります
検索フォーム
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。